1mmの差で好感度UP!「脱・平凡くちびる」リップラインの描き方

IMG_9896-20161121021638-e1479662211922-20161124145858-2722f51da624356db15904dff342218b3a6c53b6

みなさんは、リップライナーを普段から使っていますか? 「リップだけでも十分」、「持ってるけど最近使っていない……」なんて方も多いのではないでしょうか。

唇の輪郭を描くだけと思われがちなリップライナーですが、じつはリップメイクをレベルUPさせてくれるアイテムなんです。立体的な唇にするだけでなく、厚みを足すことでセクシーな唇にすることも可能なんですよ。

そこで今回は、美容ライターとして活動する筆者が、リップラインの描き方を詳しくご紹介します。

■ステップ1:描き始めるのは上唇から

リップライナーの一番の特徴といえば、唇の形を自由に変えられること。まずは、なりたい唇のイメージを明確にしましょう。

リップラインは、上唇から描き始めた方がバランスをとりやすいです。はじめは下画像のように、山の部分から描いていきます。

まず、山の頂点から中央に向かって左右から“×”を描くように線を引きましょう。この×を描くことで、山の角度や形を決めやくなります。次に、山の頂点から端に向かって左右に線を描いていきましょう。

くっきり立体的な唇にしたい場合は、×の角度を鋭角に。ナチュラルな唇にしたい場合は緩やかになるように調整をします。

■ステップ2:下唇は凸凹にラインを合わせる

次に、下唇の中心を描いていきます。このとき、唇とあごの境目ではなく、唇の出っ張った部分に合わせて線を描くのがポイント。唇を厚く見せたい場合は、唇の出っ張た部分より1mm外側に線を描いていきます。2mm以上線を太くしてしまうと、不自然に見えやすいので気を付けましょう。

唇の厚さを変えたいときは、上画像のように、ファンデーションやコンシーラーで赤みを消してから、リップライナーを使うと調節しやすいです。唇を薄くしたい場合も赤み消してから描きましょう。

■ステップ3:口角は慎重に

最後に、上唇の口角から山の頂点に向かって線をつなげます(下画像の上段を参照)。片方を描き終わったら、もう一方も同様につなげていきましょう。下唇も同様に、口角から中央のラインにつなげて完成です。

口角の上下が交わる部分は、すき間ができやすいので、口を開けてしっかりつなげてください(下画像の下段がリップライナーの完成写真です)。

仕上げにリップライナーやリップブラシを使って、内側に軽くぼかしてください。リップライナーが浮くことなく、より自然に仕上がります。

コーラルピンクやベージュなどの肌馴染みのいい色は自然な印象になりますよ。リップより濃い色を選べば、唇に立体感を与えてセクシーな印象になります。

リップだけでは唇がぼやけて見えるときでも、リップライナーを1mm描き足すだけで唇の形が美しく見えます(完成写真はトップ画を参照)。華やかな顔立ちになり、唇の印象もグッと強くなるので、これからのイベントメイクにもオススメです。

【関連記事】

※ 「可愛すぎて不安」なんて…キャッ!彼が戸惑う彼女の色っぽメイクテク

※ 下まぶたに…口紅をON!急激に「色っぽeye」になる裏技3つ

※ 寝る前に塗るのはNG!? 逆効果になる「リップクリーム」の使い方3つ

※ 2mmで生まれる「アイメイク」の違和感!鍵を握る2つのポイントとは

※ 北川景子がお手本!彼ママにも好評な「ノーブルメイク」ポイント4つ

【おすすめ記事(PR)】

※ 簡単に誰でもできる!「テクニック無し」でプロ級メークを手に入れる裏ワザ

※ 2CUPは当たり前!元AKBも大絶賛の豊満バストを叶えるナイトブラ【満足度98.6%】

飲むだけスキンケア!「一番キレイでいたい日」に向けた花嫁の新習慣

むにゅっと掴めるお肉をなくしたい!満足度97%「痩身専門サロン」とは

※ これは意外!秋冬は「乾燥対策だけではNG」な理由とは

30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが無料

たった100円の美容サプリでほうれい線が消える?「30代にしか見えない50代」の秘密を完全公開

【姉妹サイト】

※ 3位「親子っぽい」夫婦!満足度が高い夫婦の関係性2位と1位は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る