7割男性が初対面で目元をチェック!「好きなまつ毛」3択の答えは

Fotolia_95413328_Subscription_Monthly_M-20161129153352-e1480401248616-a745d789f3a0d0385660fab5a1b939d8f5a31ac5

盛り過ぎない自然なアイメイクが主流の今、男性からも“すっぴんにひと手間かけたまつ毛メイク”が人気です。

株式会社イプサが全国20~40代の男女600人(男性300人・女性300人)を対象にした「目元に関する意識調査」では、男性の約7割が盛りすぎない自然体のナチュラルまつ毛メイクに好感をもっていることが分かりました。

■圧倒的にナチュラルなまつ毛に好感

男性300人に「初対面の際、最も女性の第一印象を判断する顔のポイントはどこですか?」と聞くと、1位は「目元(71.7%)」でした。次いで 「口もと(11%)」、「肌(10%)」という結果に。

さらに、実際の写真を見せて“最も好感がもてるまつ毛”を聞いたところ、自然体メイクの「ナチュラルまつ毛(74.3%)」が圧倒的に多く、続いて「すっぴんまつ毛(20.3%)」、「盛り盛りまつ毛(5.3%)」となりました。

「自然なメイクで好感がもてる」、「最初に目が止まった」、「清潔感があるように見える」、「自然だけど何も手を加えてないよりも色気がある」といった声があげられ、ナチュラルなメイクをしているまつ毛に好感をもちやすい傾向があることが分かりました。

一方、女性が最もこだわりのあるアイメイクアイテムは「マスカラ(31.3%)」が最も多く、 次いで「アイシャドウ(28.0%)」、「アイライナー(19.7%)」という順になりました。

時間をかけて化粧をしているメイクアイテムでも同様に「マスカラ(31.3%)」が1位となり、女性にとってもまつ毛はメイクの中心のようですね。

また、アイメイクの悩みでも「まつ毛のトラブル(48.0%)」がもっとも多いことが分かりました。

■ナチュラルまつ毛をつくるポイント

ナチュラルなまつ毛をつくり、そのまつ毛メイクをキレイに維持するポイントをご紹介します!

(1)ビューラーのゴムを取り替える

ビューラーはゴムがダメになると、まつ毛がキレイに上がらなくなります。まつ毛が上がらなくなってきたら、ビューラーのゴムを取り替えましょう。100円ショップなどでも売っているので、定期的にビューラーもメンテナンスしてあげましょう。

(2)マスカラは繊維なしにする

繊維入りのマスカラはまつ毛をボリュームアップし、長く見せてくれます。しかし、ナチュラルメイクなまつ毛に仕上げるには、繊維なしのマスカラがおすすめ。繊維なしのマスカラをつけた後は、ダマを取り去り毛先をキレイに整えると自然に仕上がります。

(3)まつ毛も化粧直しする

塗りたてのまつ毛のカールはどうしても下がってくるので、まつ毛用のホットカーラーやまつ毛コームで外出先でもカールやツヤを維持しましょう。

まつ毛メイクが上手くいくと、正面からだけでなく横からみたときもキレイな印象になります。ぜひ、ご紹介したポイントを抑えて、ナチュラルな愛されまつ毛メイクに挑戦してくださいね。

【関連記事】

※ 3位ダレノガレ!男の本音「可愛いけどメイクが苦手な芸能人」1位は…

※ 2位ヒステリーより!男が「美人でも絶対付き合わない」残念女1位は…

※ 知りたい!女が憧れる魅惑BODY「ヴィクシーモデル」の食ルール4つ

※ Chloeの香りも!冬だからこその贅沢「香り立つボディクリーム」5選

※ カゼ&インフル対策に!漢方薬剤師が始めている「免疫アップ術」3つ

【おすすめ記事(PR)】

※ 簡単に誰でもできる!「テクニック無し」でプロ級メークを手に入れる裏ワザ

※ 2CUPは当たり前!元AKBも大絶賛の豊満バストを叶えるナイトブラ【満足度98.6%】

※ 飲むだけスキンケア!「一番キレイでいたい日」に向けた花嫁の新習慣

※ 3ヵ月で-20㎏!? モデルの間でブーム「我慢不要」の話題のダイエット方法とは?

※ これは意外!秋冬は「乾燥対策だけではNG」な理由とは

※ むにゅっと掴めるお肉をなくしたい!満足度97%「痩身専門サロン」とは

【姉妹サイト】

※ ストレスでシミが増えちゃう!? 効率のいい「精神的負担」の減らし方

【参考】

 「目元に関する意識調査」 – 株式会社イプサ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る