朝フルーツがシミを作る!?「光毒性」の注意点と対処法

101780013781-2c7b0750b01f4a1ddf8cc3d0e0778c0a791b3a25

朝のフルーツがシミを作る!?

フルーツは金、でも…

「朝のフルーツは金、昼は銀」「夜のフルーツは銅、もしくは鉛」と表現されることがあります。朝食べるフルーツは効果を発揮しやすいという意味です。しかし、昨今、フルーツに関する光毒性が示唆されています。主に柑橘系のフルーツに含まれる「ソラレン」という物質が、紫外線を吸収しやすくする作用を持っているのです。お出かけ前のフルーツ摂取に関する注意事項をご紹介します。

「朝のフルーツは金」と言われる理由

5

フルーツがもつ危険な光毒性とは?

「朝のフルーツは金」と呼ばれる一方、夜は鉛ほどの効果になってしまうと言われますが、その効果の違いはエネルギー消費にあります。

果物には果糖やブドウ糖など、エネルギーに変換されやすい糖分が多く含まれているので、朝食べることで体や脳にエネルギーを送り込み、活動しやすい状態に導いてくれるのです。

また、フルーツに多く含まれるビタミンCも、朝摂ることで最も効果を発揮しやすいと言われています。

美肌の大敵!光毒性に注意

3

光毒性物質は美肌の大敵!

光毒性という言葉を聞いたことがありますか? 光毒性とは、光に当たることで紫外線に反応、肌に影響を与える性質のこと。

光毒性を持っている成分として「ソラレン」という物質が挙げられます。紫外線に対して過剰に反応し、吸収しやすくする作用があるのです。



 

■ソラレンを含むフルーツ
ソラレンは、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、アセロラなど、柑橘系の果物に多く含まれます。他にもキウイやイチジクなど、美容対策で女性に人気のフルーツもこの部類です。

上記は、ビタミンCが豊富なフルーツの筆頭格なだけに、朝に摂る方が多いようですが、光毒性の観点から言えばNG。摂取のタイミングも重要なのです。

 

シミの原因にも……ソラレンがもたらすダメージ

7

日差しに負けない美肌作りを!

ソラレンは摂取後約2時間で、血流とともに全身に巡ります。朝食で摂った場合、お昼頃までは紫外線の吸収率が高くなるので要注意。

特に日差しは10時~14時頃に強くなるので、その時間にソラレンが活性化していると、美肌にとってマイナス要素が重なる時間帯となってしまいます。

 

スムージーはどう摂る? 光毒性の影響を避けるには

1

トマトのリコピン効果がスゴイ!

朝食にスムージーを飲む方が増えていますが、スムージーには柑橘系のフルーツを入れるのが定番。しかし前述した通り、光毒性のことを考えると、ソラレンを多く含むフルーツの摂取はNGです。

どうしても柑橘系フルーツをスムージーに入れたい場合は、シミやそばかすを防ぐ効果のある次のような素材を組み合わせてみましょう。

・トマト
トマトにはリコピンという抗酸化力の強い成分が含まれています。ほのかな甘みのあるトマトは、フルーツとの相性も抜群です。

・リンゴ
リンゴにはポリフェノールやビタミンCが多く含まれており、エイジングケアに最適。スムージーには皮ごと使いましょう。

・アサイー
一斉を風靡したアサイーは、強い抗酸化力を持つことで有名。柑橘系素材との相性もピッタリです。冷凍のアサイーの他、パウダータイプなどを使用しても便利。

 

最強美肌のフルーツスムージーレシピ

2

トマトをふんだんに使って。

・オレンジ1玉×トマト1個
オレンジは絞り、トマトは皮ごとブレンダーにかけ、お好みでハチミツを加えれば完成。

さわやかな飲み口で、食欲がない朝や、風邪気味で食欲がない朝もオススメ。



 


・グレープフルーツ1玉×バナナ1本×リンゴ1個

全て一緒にブレンダーにかければ完成。グレープフルーツとバナナは皮をむき、リンゴは皮ごと使用します。お腹にしっかりと溜まり、空腹を満たしてくれるスムージーです。

・キウイ1個×グレープフルーツ1個×バナナ1本×アサイーパウダー大さじ1
キウイとグレープフルーツ、バナナは皮をむき、アサイーパウダーを加えてブレンダーにかければ完成です。意外な組み合わせかもしれませんが、爽やかさと甘さが同居した美味しさ。

いかがでしたか? ソラレンについては注意すべき点がありますが、タイミングや摂り方を考慮し、毎日の生活にフルーツを取り入れてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る