いつものファンデに一工夫!ワタシ的「最高ナチュラル肌」をつくる方法

Fotolia_130760151_Subscription_Monthly_M-20161220095209-e1482195144532-67089b50ff9f817125091ace2a17720bcbecd179

カバー力の高いファンデーションを使っていると、“いかにもメイクしました!”という仕上がりになりがち。のっぺりした印象のメイクは老けて見える可能性もあるので、できることなら避けたいですよね。

しかし、そんなお悩みは、ちょっとしたテクニックで解消できるんです。

肌悩みは隠したいけれどナチュラルに仕上げたい……というなら、ファンデーションを塗る前にちょっとした工夫をしましょう。

今回は時短美容家の筆者がいつものファンデーションを使って、もっとナチュラルな肌に仕上げるテクニックを3つご紹介します。

■1:BBクリームと混ぜる

BBクリームだとナチュラルすぎるけど、ファンデーションだとのっぺりしたメイクになってしまう……というなら、この二つを混ぜて使ってみましょう。

BBクリームを混ぜるとファンデーションを単品で使うよりもツヤが出てナチュラルな仕上がりになります。BBクリームは下地としても使えるアイテムなので、ファンデーションと混ぜることで、保湿効果も期待できます。

乾燥が気になるときにも使えるテクニックです。

■2:ファンデーションとクリームを混ぜる

ニキビや乾燥が激しいときは、ファンデーションをそのまま使うと肌悩みが目立ってしまいがち。

そんなときは、ファンデーションと保湿クリームや乳液を混ぜて使うとしっとりして肌になじみやすくなります。

肌悩みに合わせて、保湿クリームや乳液の量を調節してくださいね。

グッとナチュラルに仕上げたい日には、思い切ってファンデーションの量を少なくすると、きれいなスッピン風に仕上げることも可能です。

■3:ファンデーションとオイルを混ぜる

いつも通りにファンデーションを塗っても、ナチュラルなツヤが出ない場合はオイルを一滴加えてみてください。

いつもより少なめにとったファンデーションに、オイルを加えてよく混ぜましょう。ツヤのあるナチュラル肌をつくりたいときに、使えるテクニックです。

オイルの量が多すぎるとベタつきの原因になるので、必ず一滴にしてくださいね。

『美レンジャー』の過去記事「冬の悲劇…“化粧ノリ最悪粉ふき肌”を陶器肌に変える!プチケア3つ」では、オイル以外にもプラスするだけで、美肌を叶えるアイテムをご紹介しています。ぜひ、参考にしてくださいね。

いつものファンデーションに一手間加えるだけで、ナチュラルでツヤのある肌に仕上げることも可能です。

その日の肌に応じて、ナチュラルな肌に仕上げたいときは、ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】

※ 2位が柴咲コウ!美女の条件「横顔がキレイな芸能人」断トツ1位は…

※ げっ私…白塗りオバケ!写真で悲しいくらい「白浮きする」NGメイク3つ

※ 乾き目おブスはヤダ~!メイクで加速する「ドライアイ」NG3つ

※ もう溺愛!コスメマニアが「浮気しても必ず戻る」ベース作り3アイテム

※ 美容ライターが100均「キャンドゥ」で本気のプチプラアイテム探し!

【おすすめ記事(PR)】

※ 気づいたときにはもう遅い!? 「アラサーなら知っておくべき」妊活テク3つ

老け見えする小ジワに!「ツラい冬の乾燥肌」にオイル美容がイイ理由

※ 海外セレブもはまった!バストのことも考えたスムージーダイエット

※ 余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

※ 「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?

※ 簡単に誰でもできる!「テクニック無し」でプロ級メークを手に入れる裏ワザ

【姉妹サイト】

※ 4位SMAP解散決定時のファンの悲鳴!「2016年心に残った音」1位は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る