北川景子は服を10着しか持たない!? 「オシャレ賢者の買い物術」3つ

486459982-20170115174548-e1484470011742-620x495-b591f8c906b7f11cd3c67f0368df2ba85c1164cb

華やかなイメージのある芸能人は、プライベートでもたくさんの洋服に囲まれて生活しているような気がしますよね。

しかし、先日『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で放送された、“北川景子の失敗しない人生の裏技”という企画で、彼女の驚きのプライベートが紹介されました。彼女はなんと「洋服は10着ぐらいしか持たない」らしいのです!

そこで今回は美容ライターである筆者が、北川景子の買い物方法を参考にしながら、“オシャレ賢者のショッピング術”を3つご紹介します。

■1:自分の手持ちの洋服を把握しよう

10着ほどの洋服を着回す北川景子は、部屋を整頓しておきたいという意識が強いそう。

もし新しい洋服が欲しくなったら、手持ちの洋服の中で処分することができるものがあるかどうかを考えてから買うのだそうです。

自分の手持ちの洋服にどんなものがあるのか、しっかり認識できているということがポイントでしょう。「つい買ってしまったけれど、家に帰ったら似たような洋服があった……」なんて経験はありませんか?

これは手持ちの洋服が把握できていないという悪習慣が原因の一つ。オシャレ賢者の買い物は、まずは自分がどんな洋服を持っているかを把握することから始まります。

■2:アプリやオークションも有効活用

北川景子は、洋服を処分するときも買い取りサービスに出しているのだとか。最近はフリマアプリなどもあり、洋服の売買が簡単にできるようになってきました。

筆者の周りの現役モデルたちも、撮影で数回しか着ずに手放すことになった洋服などは、アプリやオークションを利用して処分していることが多いそう。売り上げたお金で、新しい洋服を買っているのだとか。

アプリやオークションなどを賢く活用しているんですね。

■3:着回しコーデの秘訣は「色」にアリ

北川景子のように10着ほどしか洋服を持たない場合は、“着回し力”が重要でしょう。しかし、うまく着回しするのはなかなか難しいもの。

まずは手持ちの洋服を、“暖色”と“寒色”に分けてみましょう。全体のコーディネートを簡単に決めるには、色の系統を揃えることがポイントです。

着回しできる洋服を買うために、どんな系統の色を揃えるか決めましょう。それに合わせて洋服を選んでいくとコーディネートがしやすくなりますよ。必要に応じて、雑誌の着回し企画ページなどを参考にするとコーデのヒントももらえます。

可愛い洋服を見るとつい欲しくなってしまいたくなりますよね。しかし、手持ちの洋服と合わせにくかったり、着る機会がなくタンスの肥やしになってしまったりすると勿体ないです。

今回ご紹介した買い物テクを参考に、オシャレ賢者を目指してくださいね!

【画像】

※ getty images

【関連記事】

※ ムダ買いstop!「買い物をストレスにしない」3つの極意を賢者が指南

食費を節約したい人は必ず知るべき「賢い買い物方法」12個【1/3】

ウヒョー!知ってて良かった「ハワイでお得に」買い物する裏ワザ

おっ…透け感に着圧もイイ!「コスパ最強タイツ」美賢者もハマる3選

3つのコツで「小顔になるまとめ髪」!くるりんぱの簡単アレンジ

【おすすめ記事(PR)】

※ 気づいたときにはもう遅い!? 「アラサーなら知っておくべき」妊活テク3つ

※ 【美容家は見た!】40代ガサガサ肌の女社長も変身!1回で肌ツルン「炭酸ジェルパック」

※ 海外セレブもはまった!バストのことも考えたスムージーダイエット

※ 余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

※ 30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが実質無料

※ 簡単に誰でもできる!「テクニック無し」でプロ級メークを手に入れる裏ワザ

【姉妹サイト】

なんてったって今年はママになる!「授かり体質」になるための食生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る