ハァ…疲れた!スタミナ切れを救う「β-カロテン」を多く含む食材3つ

Fotolia_117099450_Subscription_Monthly_M-20170114001910-e1484320768320-648a683a88ffe32d4f2bbb62ab85f7cafacbcf18

年末年始にゆっくりと休んだ方も忙しく予定を入れていた方も、日常生活に戻ってから未だ

にペースがつかめず、スタミナ切れなんてことになっていませんか?

スタミナ切れの状態では、仕事もプライベートも十分なパフォーマンスを発揮できずにミス連発……なんてことにもなりかねませんよね。

そこで今回はビューティーフードアドバイザーの筆者が、“疲れに負けない体をつくる方法”をお伝えしていきたいと思います。

■疲れにくい体をつくるには「β-カロテン」

疲れにくい体をつくるには、活性酸素を除去してあげることが効果的。体が酸化した状態が続くと、血管や細胞に炎症が起きて疲労感が強くなるといわれているからです。

そうならないためにも、抗酸化作用を持ち、慢性的な疲労を予防・改善するのに役立つ“β-カロテン”を普段から摂取する習慣をつけましょう。

β-カロテンは、下記のような緑黄色野菜や果物に豊富に含まれます。

■β-カロテンを豊富に含む食材と選び方

(1)にんじん

にんじんは、“キング・オブ・β-カロテン”といっても過言ではないほど、β-カロテンの含有量が豊富です。

炒め物としても美味しく食べられます。油を使って調理をすることで、β-カロテンの吸収率はアップします。調理の際の参考にしてみてください。

【美味しいにんじんの選び方】

・茎の部分が青みがかっていない

・表面の赤みが濃くてハリがある

・皮にツヤがある

(2)かぼちゃ

続いてはかぼちゃ。かぼちゃは、わたの部分の方が果肉よりも約5倍ものβ-カロテンを含みます。わたの部分は煮込んだり、炒めたり、スープにしたりして捨てずに食べましょう。

【美味しいかぼちゃの選び方】

・ヘタの周りがくぼんでいて乾いている

・皮が濃い緑色をしている

・ずっしりとした重みがある

(3)みかん

最後は、今まさに旬を迎えているみかん。β-カロテンの他にも、疲労回復に役立つビタミンCや白い筋の部分には免疫力を高めてくれるビタミンPが含まれます。

【美味しいみかんの選び方】

・皮の色が濃くツヤがある

・皮がフカフカと浮いていない

・ヘタの切り口が小さい

疲労回復には生活習慣の改善が欠かせませんが、食生活も大きく関係してきます。ツライ疲れにお悩みの方は、β-カロテンを摂って疲れに負けない体をつくりましょう。

【関連記事】

※ もう疲れた!年末疲れには「3つのネギ属野菜」でスタミナチャージ

※ 美肌カウンセラーが毎日食べる!「肌に栄養をぐんぐん送る」野菜3つ

※ 玉ねぎの薄皮もツルン!簡単ラクちん「定番野菜の扱い方&保存法」3つ

※ 「うるキラな瞳」が欲しいなら…今日から食べたい緑のお野菜3つ

※ お酒に塩分で顔パンパン!むくみを救う「実はスゴイ冬野菜」3つ

【おすすめ記事(PR)】

※ 気づいたときにはもう遅い!? 「アラサーなら知っておくべき」妊活テク3つ

※ 【美容家は見た!】40代ガサガサ肌の女社長も変身!1回で肌ツルン「炭酸ジェルパック」

※ 海外セレブもはまった!バストのことも考えたスムージーダイエット

※ 余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

※ 30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが実質無料

※ 簡単に誰でもできる!「テクニック無し」でプロ級メークを手に入れる裏ワザ

【姉妹サイト】

男女500人に聞いた!「この人は信頼できる」と思う同僚トップ5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る