ヤダッ…彼に聞かれたくない! 寝てるときの「3つの音」原因と改善策

Fotolia_129289060_Subscription_Monthly_M-20170120130441-e1484885575767-89c841d9aa5b4bf504f9377d5b59913ca62bd48c

大好きな彼とお泊りをした翌朝、なんだか彼の顔が疲れているような気がした経験はありませんか?

もしかしたらそれ、睡眠時に無意識に自分が出している“ある音”が原因かもしれません。

今回はヨガインストラクターの筆者が、“睡眠時に彼の愛が冷めてしまう音”の原因と改善策について、お話ししたいと思います。

■歯ぎしりをしてしまう

「ギリギリ」、「カチカチ」と音がなったり、なかにはグーッと食いしばっていて顎や奥歯に力が入っていたり。歯ぎしりの種類は様々ですが、いずれにしても顎や歯に悪影響です。

【原因】

(1)ストレスの蓄積により、顎筋肉が張っている

(2)噛み合わせに問題がある

【改善策】

(1)ストレスを解消する方法を見つける

(2)横向きやうつ伏せで寝ない

(3)枕を高くしない

(4)左右の奥歯で均等に物を噛む

(5)歯科を受診する

■いびきをかいてしまう

これもまた、女性にとって悩ましい問題ですよね。では、一緒に寝ている彼にも、自分の体にもよくない“いびき”は、なぜ発生するのでしょうか。

以下のような習慣がある方は、いびきをかいている可能性大ですよ。

【原因】

(1)仰向けで寝る

(2)口呼吸をしている

(3)太っている

(4)小顔で顎が細い

(5)疲れやストレスが溜まっている

(6)舌が大きい

(7)アレルギー性鼻炎など、鼻に持病がある

(8)お酒をよく飲む

【改善策】

(1)抱き枕を使ったり、背中に毛布をあてたりして、横向きで寝るようにする

(2)高さがある枕だと上気道が狭くなり、いびきをかきやすくなるので、首の高さやカーブに合った枕を選ぶ

(3)毎日、適度な運動を取り入れる

(4)耳鼻科を受診する

■オナラをしてしまう

日中は意識的に我慢できても、睡眠中は我慢できないオナラ。「彼にオナラを聞かれるなんてイヤ!」という方は、下記の方法でガス抜きをしてからベッドに入りましょう。

【原因】

お腹にガスが溜まっていると、オナラが出るだけではなく「ボコボコ」、「ゴロゴロ」といった音がでる

【改善策(ガス抜きのポーズ)・プロセス】

(1)床に仰向けになる

(2)息を吸いながら右ひざを曲げて、胸の前に引き寄せる。両手を右ひざに軽く添えたら、鼻呼吸を5回繰り返す(手の力は使わず、腕の重さだけでひざを引き寄せるようにする)

(3)吐く息に合わせて両手を解放し、右足を床に伸ばす。仰向けに戻ったら、反対側も同様に行う

(4)(1)の姿勢に戻り、息を吸いながら両ひざを曲げて、胸の前に引き寄せる。両手をひざに軽く添えたら、鼻呼吸を5回繰り返す

(5)吐く息に合わせて両手を解放し、足を床に伸ばす

就寝前や寝起きだけではなく、睡眠中も可愛い姿でいたいのが女ゴコロ。彼をドン引きさせることがないように、上記の改善策を参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

※ 2位歯の黄ばみより!女性が気にしてる「口内の悩み」1位は…

※ 悩みばっかり…嫌だ!深夜の「落ち込みループ」を脱する3つの方法

※ 5人に1人が抱える「睡眠の悩み」!よい眠りのための食事3ポイント

※ メイク崩れに耳の痛み!お悩み解消「目的別マスクの選び方」4選

※ 目だけじゃない!睡眠不足の元凶「ブルーライト」が脳に与える影響

【おすすめ記事(PR)】

※ 気づいたときにはもう遅い!? 「アラサーなら知っておくべき」妊活テク3つ

※ 【美容家は見た!】40代ガサガサ肌の女社長も変身!1回で肌ツルン「炭酸ジェルパック」

※ 海外セレブもはまった!バストのことも考えたスムージーダイエット

※ 余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

※ 30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが実質無料

※ 簡単に誰でもできる!「テクニック無し」でプロ級メークを手に入れる裏ワザ

【姉妹サイト】

3位人柄、2位マネジメント力!「30代からの転職」重視されるスキル1位は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る