ギョッ…想定外の「老け見え」は瞬時にカバーせよ!要注意パーツ3つ

Fotolia_132465130_Subscription_Monthly_M-20170123132538-e1485145552421-1a2a819421f2db15f9b00a411ff7afae308dfcf9

鏡に写った自分をの顔を見て、想像以上に老けていてギョッとした経験はありませんか?

メイクを変えたワケでもなく、急激に痩せたわけでもないのに、なんとなく老けて見えると、ガッカリしちゃいますよね。もしかしたら、その原因はちょっとしたパーツの変化によるものかもしれません。

今回は時短美容家の筆者が、思わずギョッとしちゃう“老け見えするパーツ”を3つご紹介していきましょう。

■1:貧弱なまつ毛

目元の印象が弱くなると、メイクを変えなくても老けた印象になりやすいです。

いつもと同じメイクをしているのに、鏡に写った自分の顔が貧相に見えるのなら、まつ毛のインパクトが弱くなっている可能性があります。

まつ毛の長さが短かったり、ボリュームがなかったりするだけで、老けた印象になってしまうのです。

「私こんなに老けてるの!?」とショックを受けたら、普段よりもまつ毛メイクに注力するように心がけてみて!

『美レンジャー』の過去記事「ヨロヨロ“まつ毛”にチャージ!目ヂカラUPのカギを握る美容液3選」では美容ライターおすすめのまつ毛美容液をご紹介しています。セルフまつ毛ケアで、ハリ・コシのあるまつ毛をキープしましょう。

■2:荒れていたり口紅が落ちたりしている唇

唇に血色がなかったり、ガサガサ荒れていたりするだけで老けた印象になってしまいがち。

ぷっくりと潤いに満ちた唇は若々しく見えますが、ガサガサに荒れていたり口紅が落ちていたりする残念唇では、それだけでグッと老けた印象に……。

唇の内側部分のみに、淡い色の口紅やリップグロスをピンポイントでのせると、その部分がぷっくり盛り上がって見えるので、健康的な唇に見せることができます。

■3:コケた頬

ダイエットをして頬がコケてしまうと、一気に老け見えを加速させてしまいます。また、ダイエットをしていなくても、年齢とともに頬がシュッとしてくる女性も少なくありません。

若い頃と同じようにメイクをしていると、チークの位置が合っていなかったり色が合っていなかったりして、コケた頬を強調してしまっていることが……!

骨格に合わせて頬が悪目立ちしないようメイクをすれば、老け見えを防ぐことができます。

チークを頬の高い位置に入れるよう意識するだけでも、顔の印象は大きく変わりますよ。詳しくは『美レンジャー』の過去記事「OVER30女子は…ゲッソリ注意!“やつれ顔を回避”メイクテク3つ」をチェックしてみてくださいね。

老け見えするポイントは、ちょっとしたことで加速しやすいもの。いつまでも若々しさをキープしたい人は、ちょっとしたパーツの変化にも気をつけてみてください。

【関連記事】

※ 残念すぎる!歯が「黄ばんで見える」NGリップメイク3つ

※ 「チークでメイク台無し女子」が街中に!一瞬で古顔になるNG5つ

※ そのメイク…古ッ!「10年前と化粧が同じ人」が急激に垢抜ける方法

※ ヤダ…また眉毛消えてる!「眉メイクがすぐ落ちる人」NGな描き方4つ

※ うわぁ…余計ヨレた!直すほどにオブス顔「NGメイク直し」4つ

【おすすめ記事(PR)】

※ 朝の美容液に…大本命!夕方の「イマイチ残念顔」を救う秘策3つ

※ 【美容家は見た!】40代ガサガサ肌の女社長も変身!1回で肌ツルン「炭酸ジェルパック」

※ OVER30はマスト!セラミド不足を補う「オイル美容」で感動の化粧ノリ

※ 余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

※ 健康的にダイエット!おいしいと噂の「酵素ゼリー」をレポートします

※ 気づいたときにはもう遅い!? 「アラサーなら知っておくべき」妊活テク3つ

【姉妹サイト】

※ 「目を見て話す」で損してる!? 人間関係を円滑にする会話術3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る