男のリアル聞きました!浮気の引き金になった「彼女の言動」1位は

Fotolia_131162993_Subscription_Monthly_M-20170105193828-e1483612728520-d5dbfe343f2750ff9c5f1876424a0cd7d3559605

誰もがみとれるほどの美人なのに、カレや夫の浮気に悩まされている方がいます。浮気される女性とされない女性は、一体何が違うのでしょうか?

『美レンジャー』では、700名の男性に浮気をした原因となった本命彼女の言動を調査してみました。調査の結果をもとに、男性が浮気をするキッカケになる危険な振る舞いトップ3をランキングでお伝えします。

■3位:文句が多かった(9.1%)

「過去にあなたが浮気をした原因となった“本命彼女”の言動をすべて選んでください」と質問をしてみたところ、3位になったのは“文句が多かった”です。

顔を合わせるたびに文句ばかり言われると誰だって面白くないですし、関係にも溝ができてしまいますよね。

男性は、彼女にウンザリしているタイミングで優しい女性に出会うと、浮気に走りやすくなるようです。

文句を言いたくなっても、そのまま伝えるのではなくやんわりと伝えることが、浮気に走らせないコツになるのかも!

『美レンジャー』の過去記事「言った瞬間…彼が凍る!“男が大嫌いな”女の興ざめフレーズ4連発」では、デートのシーンごとに男性を興ざめさせるNGワードをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■2位:一緒にいてもつまらなそうだった(10.3%)

続いて、同質問に対して2位に選ばれたのは“一緒にいてもつまらなそうだった”です。せっかく二人で過ごしているのに、彼女がどこかつまらなそうにしていると、恋愛を継続する意欲が削がれてしまうのが男性心理。

「つまらないな~」という気持ちは、相手にも伝わるものですから、カレの前ではあまり出さない方がよさそうですね。そんなタイミングに、明るく接してくれる女性と出会ってしまえば、思わず浮気に走ってしまう男性もいる様子。

「彼女は俺といてもつまらないみたいだし、自分は他の女性と楽しもう!」なんて心境になるのではないでしょうか。

■1位:ヒステリーな性格だった(13.9%)

そして、同質問に対して1位に選ばれたのは“ヒステリーな性格”でした。「ギャーギャー」とヒステリーな女性を苦手とする男性は多いもの。

本命彼女といえども、あまりにもヒステリックな面を見せられてしまうと、他の女性に気持ちが向いてしまう引き金になりやすいようです。

浮気相手の女性が穏やかな性格だとしたら、そちらに安らぎを求めてしまうのも男性心理なのかもしれません。ケンカのときに感情的になりやすい女性は、要注意ですね。

どんなに外見をキレイにしていても、内面でゲンナリされてしまうと浮気のキッカケになってしまいます。

外見だけでなく、内面も磨くことが浮気されない最大の秘訣になりそう。カレや夫に浮気されたくない女性は、ぜひ参考にしてみて!

【関連記事】

※ 2位ヒステリーより!男が「美人でも絶対付き合わない」残念女1位は…

※ 彼女ならイイけど…結婚は別!? 美人が「求婚されない」男の誤解3つ

※ うそでしょ…男は浮気するとき「彼女や妻より美人」を選ぶ?

※ これでもう悩まない!彼の浮気疑惑をスッキリさせる方法

※ 時計よりスマホ!? ゲス男を排除して「夫候補の誠実男子」を見抜く方法

【おすすめ記事(PR)】

※ 朝の美容液に…大本命!夕方の「イマイチ残念顔」を救う秘策3つ

※ 【美容家は見た!】40代ガサガサ肌の女社長も変身!1回で肌ツルン「炭酸ジェルパック」

※ OVER30はマスト!セラミド不足を補う「オイル美容」で感動の化粧ノリ

※ 余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

※ 健康的にダイエット!おいしいと噂の「酵素ゼリー」をレポートします

※ 気づいたときにはもう遅い!? 「アラサーなら知っておくべき」妊活テク3つ

【姉妹サイト】

※ この人もう無理かも…!「困った人とのコミュニケーション」のコツ3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る