今日色っぽい…と彼がドキッ!ピンクで完成「大人可愛い」アイメイク術

IMG_4700-20170119123042-620x465-60272689e82a57acc1e74697d12b731388ed5901

「今年は大人っぽい女性になりたい!」と、洋服を新調してみたり、思い切って髪の毛を切ってみたり……。さまざまな“イメチェン”を行う人も多いでしょう。

そこで今回は、美容ライターの筆者が、“可愛い印象”を持たれることが多いピンクのアイシャドウを使って、ほんのり色っぽさを演出できる“大人可愛い”メイクテクをご紹介します。

■1:使用するアイシャドウ

今回使用するアイシャドウは、『リンメル ソルトメルティグラム グラデーションアイズ002』です。冬にピッタリな落ち着いた色味のゴールドベースのピンク。かすかにキラキラ輝くラメ入りのアイシャドウで、大人っぽさを演出しつつも、ピュアな可愛らしさを目元に施せます。(全2色/1,600円<税抜き>)

■2:「大人ピンク」のメイクテクをご紹介

早速“大人可愛いピンク”を実現させる、メイクテクをご紹介します。

【メイクの方法】

(1)①のアイシャドウ(1番明るい色)を、アイホール全体に乗せていきます。これで目元に透明感を演出することができます。このとき、アイシャドウに付いているチップで塗布するのではなく、“アイシャドウブラシ”で乗せていきましょう。

ピンク色のアイシャドウは、まぶたに付けすぎてしまうと“腫ぼったい目”になってしまうこともあります。粉がつきすぎないアイシャドウブラシで塗布することによって、色の濃さを調節することができますし、均等に色を乗せることができるのです。

(2)次は②のアイシャドウ(少し暗めなピンク)を目のくぼみに塗っていきます。(二重の人は二重線まで。一重・奥二重の人はアイホールにのせたアイシャドウよりも内側に乗せましょう)

そしてそのまま下まぶたにも色を乗せます。このときも、アイシャドウブラシを使用しましょう。

(3)③のアイシャドウを二重の線(一重・奥二重の人はアイホールにのせたアイシャドウよりも内側)に。こうすることで、目元にピンクの色を強調させることができます。

このときのポイントは、1回だけサッと塗ること。塗りすぎてしまうと、腫れぼったく見えるので要注意。

(4)最後に締め色となる④のアイシャドウを、目尻に塗布します。このときは、アイシャドウチップを使用しましょう。

そうすることで、見たままの発色を、目尻に乗せることができるのです。

(5)二重まぶたの方は、④のアイシャドウを目頭にも塗布します。締め色となる④のアイシャドウを目尻、目頭にのせることでパッチリとした目に仕上げてくれますよ。一重・奥二重の方は、目尻にのみ塗布してください。

これで、かわいいのにほんのり色気のある、大人可愛い目元が完成します。「今年こそ大人っぽい女性になりたい!」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

※ 実は持て余してない?「練りチークにピンクシャドウ」再び活用テク

※ 「100均アイシャドウ」を高級コスメの発色に!鍵を握るベーステク

※ なんであの子モテるの?モテ子がこっそりやっている「隠しピンク」テクとは

※ 毎日の「アイシャドウ」がシミの原因に!? 見直したいNGな塗り方

※ もれなく…モテます!「愛され度120%」アイシャドウ3パターン

【おすすめ記事(PR)】

※ 朝の美容液に…大本命!夕方の「イマイチ残念顔」を救う秘策3つ

※ 【美容家は見た!】40代ガサガサ肌の女社長も変身!1回で肌ツルン「炭酸ジェルパック」

※ OVER30はマスト!セラミド不足を補う「オイル美容」で感動の化粧ノリ

※ 余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

※ 健康的にダイエット!おいしいと噂の「酵素ゼリー」をレポートします

※ 気づいたときにはもう遅い!? 「アラサーなら知っておくべき」妊活テク3つ

【姉妹サイト】

※ デスクに常備が吉!栄養士が選ぶ「ダイエット中の間食フード」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る