30秒で旬顔デビュー!すぐSNSにアップしたい「ドットアイライナー」

image1-20170129235007-e1485829441105-ef6642318268269cc2ae7b12ebd0382cc3ed2310

メイクで印象を変えたくても、なかなか自分の定番から抜け出せなかったり、変えたつもりなのに、イメチェンできなかったり……なんていうことはないでしょうか? 新しい自分にたどり着くのは、至難の業ですよね。

しかし、今海外でジワジワ人気が出てきているメイクテク“ドットアイライン”は、簡単なのに一瞬で目元の印象を変えることができるのです!

そこで今回は美容ライターの筆者が、誰でもすぐにできるドットアイラインについてご紹介します。

■「ドットアイライン」とは?

ドットアイラインは、アイライナーで黒目の下あたりに点(ドット)を描くという、とてもシンプルなもの。ホクロを描く“ホクロメイク”に似ていますが、ホクロよりも大きい“ドット”を下まぶたや下まつ毛の生え際などに描きます。

女優のエマ・ロバーツやゾーイ・クラヴィッツなどが取り入れているほか、ランウェイでもドットアインを施したモデルが登場するなど、これからトレンドになる予感。

Such a beautiful and inspiring night last night hosting the 22nd annual LA Art Show supporting @stjude ❤

Emma Robertsさん(@emmaroberts)が投稿した写真 –

メイクアップアーティスト、セレブ、そして美容ブロガーなどから広がり、インスタグラムでもドットアイラインに関する投稿がジワジワと増えてきています。

■30秒で完成!「ドットアイライン」の描き方

下まぶたは柔らかく、ペンシルタイプだと描きづらいので、リキッドやジェルタイプのアイライナーを使います。

筆先でちょんちょんと少しずつ好みの大きさのドットをつくりましょう。まぶたに対して筆を垂直にあてると失敗しにくいです。

また、まぶたを下に“ひっぱらず”描くのもポイント。これは、まぶたをひっぱった状態でキレイなドットを描いても、元に戻すと形が変わってしまう可能性があるため。

筆者は目立つよう下まぶたに大きめに描きましたが、一度コツを覚えてしまえば、30秒程度で完成できますよ。

■色々なアレンジが楽しめる!

下まぶたや下まつ毛の生え際にワンポイントとして描くのが基本ですが、そこからのアレンジは自由自在。数を増やしたり、位置を変えてみたり、アイラインの代わりにドットを描くなど、いろんなバリエーションが楽しめます。

カラーをピンクやオレンジなどの明るいものに変えると、簡単に春らしいカラーメイクにも応用できますよね。

普段明るい色味を使うのが苦手な人でも、ドット程度のワンポイントなら、気軽に挑戦できるのではないでしょうか。

簡単に短時間で、顔の印象を変えることができるドットアイライン。いつものメイクにプラスしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

※ 最強目ヂカラ!新トレンド「リバース・スモーキーアイ」のつくり方

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ 世界中で大ブーム! メリハリ小顔を叶える「コントゥアリング」メイク入門

※ メイク下手さんは何使うべき?目元印象アップ「アイライナー」の選び方

※ ガタガタのアイラインより!女子が「苦手なメイク」1位のパーツは

【おすすめ記事(PR)】

朝の美容液に…大本命!夕方の「イマイチ残念顔」を救う秘策3つ

翌朝の化粧ノリが激変!美容のプロ絶賛「炭酸ジェルパック」がまるでエステ級!

OVER30はマスト!セラミド不足を補う「オイル美容」で感動の化粧ノリ

余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

ずぼらダイエット決定版!おいしすぎる「酵素ゼリー」をレポートします

そろそろ赤ちゃん…「妊活するなら知っておくべき」3つのこと

【姉妹サイト】

※ 「アンタ大ッ嫌い!」と言わずとも…職場のアイツと上手に距離を置く方法

【参考】

※ The Dot Eyeliner Trend: Here’s Exactly How to Pull It Off – allure

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る