えっ…こんなに違うの!? 肌の仕上がり格段UP「コンシーラー基本のキ」

Fotolia_132726416_Subscription_Monthly_M-20170131012507-e1485793524809-72b4959f0b8bd42593c298e3c8cd425c96c8dc4e

シミやクマ……肌のお悩みは、加齢によって年々増えてしまいますよね。そんな肌悩みを解決するために、美容ライターである筆者がおすすめしたいメイクアイテムがコンシーラーです!

でも、「使い方がイマイチわからない」、「ヨレて扱いが難しい」とったイメージから、敬遠している人も多いのでは? しかしコンシーラーは、上手に使えばメイクの仕上がりを格段にアップしてくれる救世主なのです。

今回は、コンシーラー初心者さんへ、基本的な使い方をご紹介します。

■ぼかすのは周りだけ

コンシーラーでやりがちなのが、ファンデーションのように薄く伸ばしてしまうこと。クマやシミなど、肌の色が濃い部分をカバーするために使うことが多いため、塗り広げてしまっては肌悩みが隠れません。

使用するときは決して指で広げず、トントンと叩くように塗り込みましょう。

シミやそばかす部分は、点置きをした後、隠したい部分をこすらないように外側の輪郭のみをぼかして(上画像の点線)。綿棒を使用すると細かい部分もぼかしやすいですよ。

■ファンデーションの色に合わせて

コンシーラーを使ったら、のせた部分が悪目立ちしてしまった経験はありませんか? それは、コンシーラーの色が肌やファンデと合っていないことが原因です。

クマやくすみを隠す場合は、ファンデよりほんの少し明るい色を選ぶのがポイント。

シミやそばかすを隠したい場合は、ファンデーションよりほんの少し暗い色を使用するのが基本です。

■悩み別にテクスチャーを合わせる

コンシーラーといってもテクスチャーによって使い勝手も変わってきます。基本的には、“リキッド、クリーム、スティック、ペンシル”の4種類です。

【リキッド&クリーム】

ファンデのように柔らかく、クマや小鼻のあたりのくすみなど、広い面積をカバーするのに適しています。明るい色のコンシーラーは、ハイライトとしても使用できますよ。

【スティック&ペンシル】

テクスチャーは硬く、シミやニキビ、口角のくすみなど、ピンポイント補修に適しています。リキッドタイプよりもカバー力が高いのですが、少し厚みが出ることがあります。

肌悩みに合わせて使い分けましょう。今まで扱いにくいと思っていたコンシーラーも、テクスチャーを変えると自分の肌悩みに合ったものが見つかるかもしれません。

■ファンデの前or後?塗る順番が大事

コンシーラーの正しい順番は、パウダーとリキッド、どちらのファンデーションを使用しているかで違ってきます。

【パウダーファンデを使用している場合】

・下地→コンシーラー→パウダーファンデ

【リキッドファンデを使用している場合】

・下地→リキッドファンデ→コンシーラー→フィニッシュパウダー

基本は上記の順番ですが、テクスチャーによって異なってくる場合も。“液体のもの”を先に使い、だんだん固形のものを使い、粉ものは最後という意識を持っておくとよいでしょう。

近頃は、肌に負担がかかりにくいミネラルタイプのコンシーラーもたくさん発売されているので、今までなんとなく手が出せなかった方も、ぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】

※ 確実に小顔を狙う!「シェーディング&ハイライト」見直しポイント3つ

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ 世界中で大ブーム! メリハリ小顔を叶える「コントゥアリング」メイク入門

※ こんなに違うの!? 「メイクの仕上がり激変」キレイづくりのプチテク5つ

※ 安いからって侮れない!買ってよかった「100均美容グッズ」1位は

【おすすめ記事(PR)】

朝の美容液に…大本命!夕方の「イマイチ残念顔」を救う秘策3つ

翌朝の化粧ノリが激変!美容のプロ絶賛「炭酸ジェルパック」がまるでエステ級!

OVER30はマスト!セラミド不足を補う「オイル美容」で感動の化粧ノリ

余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

ずぼらダイエット決定版!おいしすぎる「酵素ゼリー」をレポートします

そろそろ赤ちゃん…「妊活するなら知っておくべき」3つのこと

【姉妹サイト】

※ 正社員7777人の叫び!職場の最大のストレス「全然足りていない」アレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る