彼との距離3cmでも余裕でキレイ!「化粧崩れ」徹底防止テク4つ

Fotolia_76816842_Subscription_Monthly_M-20170203125254-e1486093985889-6c601c204e79867ecc2721a83d872d4631f10a64

大好きな彼とついに初デート! そんなとき、絶対避けたいのがメイクの失敗。歯に口紅がついた顔やドロドロ小鼻を、至近距離で彼に見せるわけにはいきませんよね!

そこで今回は、デート前にやるべき“メイク崩れ防止テク”を4つご紹介します。カップルシートに座るときや、キス直前にドン引きされないように、しっかりチェックしてデートに臨みましょう!

■1:目が合わせられない…真っ黒パンダ目

念入りにかわいくメイクして出かけても、デート中にたくさん笑っているうちに目の下が真っ黒! よくある失敗ですが、男性は「ウゲッ!」と思ってしまうかもしれません。

デート前には、アイラインやマスカラが落ちてしまわないように細工が必要。アイラインの上と、笑ったときにまつ毛が触れる部分に、軽くブラシやパフでフェイスパウダーをのせましょう。

アイラインやマスカラは皮脂や汗で落ちやすいので、パウダーで油分を抑えるようにすると崩れを防げます。しかし、パウダーをしっかりつけすぎると、今度は乾燥小ジワができやすくなってしまうので気をつけましょう。

■2:恐怖の笑顔…歯についた口紅

せっかくのかわいい笑顔も、ニコッとしたとき、歯に真っ赤な口紅がついていては、恐怖以外の何ものでもありません!

特にトレンドの赤リップは歯につくとかなり目立ちます。なので、デートのときは、歯についても目立ちにくい淡いカラーを選ぶとよいでしょう。また赤リップは男性ウケもあまりよくないという意味でも、避けた方が無難です。

歯につかないようにするためには、あまり唇の内側までしっかり塗りすぎないように注意することも大切ですが、塗った後の表情チェックが最も重要。

口紅を塗ったら、唇をすぼめてみたり笑顔をつくってみたりして、歯につかないか確認をしましょう。ついたらティッシュでオフして、つかなくなるまで繰り返して。

■3:キス前にギョッ!びっしり毛穴詰まり

毛穴詰まりに悩んでいる人は少なくないでしょう。ファンデをしっかり塗って隠している人も多いかもしれませんが、厚塗りするほど、時間が経つと崩れが目立って悲惨。ファンデは薄づきにし、色つきのルースパウダーでテカリや崩れを防止しましょう。

根本的に毛穴のケアをするのも大切。週に1~2回を目安に、毛穴汚れを取り除く効果のあるフェイスパックをするとよいでしょう。保湿力もあるアルジタルの『グリーンクレイペースト(3,600円<税抜き>)』や、オーガニック成分をふんだんに配合したLar ネオナチュラル『リパレイションエステパック(3,500円<税抜き>)』などが筆者のおすすめです。

■4:ファンデの厚塗りが招く…クッキリほうれい線

顔に均一にファンデを塗っていると、笑いジワがくっきり浮き出ていませんか? 目元や口元にも厚く塗ってしまうと、笑ったときなど表情によってはファンデがシワに入り込み、目尻のシワやほうれい線が目立ちやすくなります。

よく動く目元や口元はファンデは薄く塗りましょう。また、シワを目立たなくするにはハイライトを活用するといいですよ。ファンデを塗ってから、パウダータイプのハイライターを目尻とほうれい線ができる部分にブラシでスッと伸ばすと、光でシワが見えにくくなります。

せっかくのデート。大好きな彼に「かわいい!」と思われるためにも、ご紹介した方法でメイクの失敗を防いでくださいね。(※ 価格は全て編集部調べです)

【関連記事】

※ 迷子は卒業!肌悩みも解決する「ドンピシャファンデ」を選ぶコツ5つ

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ お泊り翌朝…彼が惚れ直す!モテ子が実践「ぬかりない仕込み」3テク

※ 俺のそばにいて!男が「好き過ぎて自慢したい」イイ女の条件4つ

※ 女の本音!「生理中に彼といたくない理由」2位漏れよりキツい1位は

【おすすめ記事(PR)】

朝の美容液に…大本命!夕方の「イマイチ残念顔」を救う秘策3つ

翌朝の化粧ノリが激変!美容のプロ絶賛「炭酸ジェルパック」がまるでエステ級!

OVER30はマスト!セラミド不足を補う「オイル美容」で感動の化粧ノリ

余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

ずぼらダイエット決定版!おいしすぎる「酵素ゼリー」をレポートします

そろそろ赤ちゃん…「妊活するなら知っておくべき」3つのこと

【姉妹サイト】

※ 職場で「急に生理」シーンでの対処法…2位はトイレットペーパー!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る