ほんのひと手間!お鍋を美味しく「カロリーオフ」する豆知識

unnamed-20170209080803-e1486716179697-d326493ef776d89486d7386f8beab8bfbb5620d3

冬の定番料理“鍋”。体が温まるし、ヘルシーだし、調理も簡単。「近頃は、鍋ばかり」なんて方も少なくないでしょう。しかしその鍋、本当に美味しくて低カロリーなのでしょうか? もしかしたら、ほんの一工夫でさらにうま味が増し、カロリーカットが出来るかもしれませんよ。

そこで今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、鍋料理をつくるときの“うま味アップ&カロリーカット法”をご紹介していきたいと思います。

■定番野菜の下ごしらえでうま味アップ

鍋料理に欠かせない野菜。なかでもヘルシーで、うま味をアップさせてくれるきのこ類・長ネギは鉄板ですよね。しかしそれも、“正しい下ごしらえ”ができてこそ、味が活きてくるもの。ここでは、きのこ類と長ネギの正しい下ごしらえ法をお伝えします。

【きのこ類】

きのこ類は、買ったらほぐしてすぐ冷凍するのもおすすめ。冷凍後に加熱することで、うま味成分が約3倍になります。

また、しいたけを入れる場合は、軸の根元の石づきも捨てないで。軸の部分は縦に割いたり刻んだりして、無駄なく使いましょう。

【長ネギ】

長ネギは、特有の辛味が苦手な方は、数分間水にさらしましょう。切り方は、大きく長く切るのがオススメ。大きく長いほどうま味成分が残ります。

鍋に入れる前は、スープの味が薄まらないよう、しっかりと水気を切ってくださいね。

■スープは控えめに!

肉や魚からたっぷり出汁が出たスープでつくる、シメの雑炊やうどん。これが鍋の一番の楽しみという方も多いでしょう。

しかし、このスープには肉・魚の脂が溶け出していて、塩分もたっぷり。スープをゴクゴクと飲んだり、シメの雑炊や麺類をたくさん食べるのはオススメできません。太ってしまう危険がありますよ。

■高カロリー食材をインプット

最後は、鍋のカロリーをグンと上げる高カロリー食材について。カロリーをカットしたいときは、下記の食材は避けるのがベターです。

【ダイエット中に控えたい食材】

皮つきの鶏肉、脂身がついた肉、厚揚げ、油揚げ、餅、麺類、いも類、チーズなど

反対に、ダイエット中にオススメな食材は、次のとおり。

【ダイエット中にオススメな食材】

白菜、大根、水菜、長ネギ、にんじん、カレイ、タラ、タイ、豆腐、きのこ類、海藻類、しらたきなど

まだまだ鍋料理が美味しい季節は続きます。せっかく食べるのなら、より美味しくよりヘルシーに! ぜひ、調理の参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

※ 2位春菊!栄養あるのに「お鍋で人気ない具材」モッタイナイ1位は…

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ ねぎに白菜…ハイ冷凍庫へ!「鍋の残り野菜」目からウロコの保存テク

※ 【-10kg痩せた】シメ投入に待った!「鍋に追加すべき」優秀食材3つ

※ げっ…ヘルシーなはずが体重増!「太らない鍋の食べ方」基本5か条

【おすすめ記事(PR)】

朝の美容液に…大本命!夕方の「イマイチ残念顔」を救う秘策3つ

翌朝の化粧ノリが激変!美容のプロ絶賛「炭酸ジェルパック」がまるでエステ級!

OVER30はマスト!セラミド不足を補う「オイル美容」で感動の化粧ノリ

余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

ずぼらダイエット決定版!おいしすぎる「酵素ゼリー」をレポートします

そろそろ赤ちゃん…「妊活するなら知っておくべき」3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る