花粉症シーズンを薬を飲まずに乗り切るための方法

a0002_007510-79b6896343f352e9fc082f16c73685345c695fd1

薬を飲まずに花粉症シーズンを乗り切るには?

ツライ鼻水症状が始まる前に……!

スギの雄花生産量は、前年の気候が大きく影響するもの。今年もすでに花粉症症状が現れ始めている方もいるのではないでしょうか? 今回は、薬を飲まずに花粉症シーズンを乗り切るための「内側ケア」をご紹介します。 

今年の花粉症対策はどうする?

花粉症対策としては、主に花粉症症状が出ないようにする対策と、出てしまった花粉症症状を抑える対策がありますよね。できれば前者のように、花粉症症状が出る前に対策をとっておきたいところ。

注射や鼻の中をレーザーで焼く方法なども有効ですが、今年の花粉飛散量のピークは例年より遅めということもありますので、食生活の改善で花粉症症状を抑える方法がおすすめです。

それでは早速、内側から花粉症対策をする方法をご紹介します。

内側からアレルギー症状を抑制!

薬でよく見かける、抗炎症・抗アレルギー効果。アレルギーを引き起こす化学伝達物質のひとつであるヒスタミンを分解して症状を和らげる働きがある、ビタミンC。

粘膜を強化して免疫力を高めるビタミンA、アレルギーの原因になる化学伝達物質の生成を制御するドコサヘキサエン酸(DHA)などが挙げられます。

実は身近な食べ物にも同様の作用がありますので、是非意識して摂ってみましょう。

・免疫力をアップさせて対策を!

3

ジャンクフードは症状悪化のもと。

免疫力が高まれば、花粉症症状を最小限に抑えることが可能です。レバーやうなぎなど、ビタミンAが豊富な食べ物を、なるべく毎日摂取するようにしましょう。

逆に、ジャンクフードは免疫力を弱め、花粉症症状を悪化させることもあるので、気になる方は控えた方が賢明です。

・腸内活性で花粉をシャットアウト!
腸内を整えることが、免疫力アップにも役立ちます。腸内環境が悪いと、アレルギー症状を起こす場合が多いようです。まずは、ヨーグルトや大豆食品などを毎日摂取するよう心掛けましょう。

次ページでは花粉症シーズンに摂りたい野菜について解説します。

Related post

Pickup post

  1. Fotolia_108854650_Subscription_Monthly_M-20161228055244-620x413-7f2c3a4261ba2d1df4364c807ac347fd0c549e1e
    冷たい物や熱…
  2. shutterstock_168181001-92d0b3b4e13318461671650cdf37533675eadee0
    2017年春夏は、ӗ…
  3. BA46115869_l-500x333-0fe4bf6d20990305191f106e581c6ad4faa3656a
    早いもので、…
Return Top