ひと塗りで美人オーラ…ぶわっ!「赤リップ」が誰でも似合う裏ワザ

IMG_5962-20170303145535-e1488531083883-7536b9227bd058530de10d42bedbcb92d438a901

美人を見ると「私もあんな風に生まれたかった……」と、羨ましく思いますよね。しかし全ての女性が、生まれつき“美人”だったわけではありません。自分の魅力を引き出してくれるメイクを日々研究し、努力によって美人になっている人もいます。

「でも、自分を魅力的にするメイクが分からない……」という人もいるでしょう。しかし、どんな人でも一瞬で“美人にしてくれる”魔法のアイテムがあるんです! それが赤リップ。

今回は美容ライターの筆者が、“赤リップ”を効かせた美人風メイクのやり方をご紹介します。

■Step1:赤リップメイクのテクニック

今回の“美人風メイク”のポイントは、赤リップです。たったの1塗りでドラマティックなほど顔立ちが華やかになる魔法の色。誰でも簡単に“美人風”な顔立ちに仕上げてくれるのです。

そして、赤リップを使用するときの最大のコツが、ベージュ系のリップライナーです。ベージュ系のリップライナーを使用することで、ぼんやりとした唇の輪郭がハッキリとし、さらに赤みを強調させることができるのです。

では早速、赤リップとベージュ系のリップライナーを使用したメイクテクニックをご紹介します。

【メイクテク】

(1)まずはリップライナーで上唇の山→上唇の口角とラインを取りましょう。

(2)次に、下唇の底辺→下唇の口角の順でラインを描きます。

(3)上唇の口角と下唇の口角をつなげましょう。

(4)最後に赤リップを唇の中心に“直塗り”します。直塗りすることで、色をしっかり唇へのせることができるので、よりビビッドで華やかな唇を演出することができるのです。唇の中心から、口角に向かって広げるように塗りましょう。

上唇に塗ることができたら、次は下唇に塗りましょう。下唇も同様に、中心から口角に向かって広げるように塗ります。

塗る回数は、赤リップの色味を強調させたいのなら2回。ナチュラルな色づきにしたいのなら1回で大丈夫です。

■Step2:目元は「抜け感」がマスト

口元に強い色を持ってきているときは、目元は“ナチュラル”に仕上げてバランスを取ることが大事です。これで赤リップをより引き立たせることができます。

今回は赤リップが主役なので、アイメイクはナチュラルかつ“抜け感”のある目元に仕上げましょう。

今回、アイメイクに使用するカラーは、(1)のベージュのアイシャドウと、(2)のブラウンのアイシャドウです。

【メイクテク】

(1)ベージュのアイシャドウを、アイホール全体に塗ります。こうすることで、気になるくすみを目立たなくさせます。今回はあまり目元に色味を出さないことがポイントなので、薬指の腹でアイシャドウをトントンとのせていきましょう。

力が入りにくい薬指を使うことで、皮膚が薄く敏感な目元も優しく塗れます。また、アイシャドウの“付けすぎ”も防いでくれます。

(2)“抜け感”を演出するためには、アイライナーではなくアイシャドウでアイラインを引いていきましょう。優しくふんわりとした目元になりますよ。

細かい部分まで描きやすいチップで目頭から目尻までアイラインを引いていきます。

以上、“赤リップ”を効かせた美人風メイクテクニックをご紹介しました。このメイクで彼をドキッとさせることができるかもしれませんよ。ぜひ、試してみてくださいね。

【関連記事】

※ 水原希子のつもりが…ハロウィンメイク!? 「濃い赤リップ」の失敗理由3つ

※ 男は結局どう思ってる?人気の「赤リップ」2位はセクシー、1位は…

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ 赤リップに似合うネイルは?大人の「唇×ネイルカラー」5パターン

※ メイクの最初に口紅!プロが教える「赤リップがしっくり決まる」コツ

※ テイラーみたいに!ベスト「赤リップ」が見つかるイメージ別選び方

【おすすめ記事(PR)】

そろそろ赤ちゃん…「妊活するなら知っておくべき」3つのこと

翌朝の化粧ノリが激変!美容のプロ絶賛「炭酸ジェルパック」がまるでエステ級!

髪を濡らして即シャンプー…の前に!「ツヤ髪美人がしてる」特別ケアって?

3つのバロメーターって?頭皮もSOS「髪のエイジングサイン」を即チェック

ずぼらダイエット決定版!おいしすぎる「酵素ゼリー」をレポートします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る