眠っていた色も自分好みにDIY!「オリジナルパレット」のススメ

IMG_4621-20170309143805-e1489044503795-f285fe0e35090d83e2626cdc828bad92eb4bbc11

撮影の現場で、ヘアメイクさんがよく使うリップパレット。パレットの色を絵の具のように混ぜオーダー通りのイメージにメイクを仕上げる様子に憧れつつも、「買っても持て余しそう」と、購入するのをためらってしまいますよね。

そこで今回は、美容ライターである筆者が、知ればきっとほしくなる“リップパレット”の魅力を2つ紹介します。

■1:眠っていた口紅も旬アイテムに!自分好みのカラーをミックスできる

筆者が実際に、撮影現場でよく目撃したヘアメイクさんたちのリップパレットの使い方が、まるで絵の具のように色と色を混ぜて使うというもの。

その日の気分や洋服の雰囲気に合わせて、“世界で一つだけ”の自分好みの色をつくりだせるのが、リップパレットの魅力といえるでしょう。

自分では似合わないと思っていた色も、違う色を混ぜることでしっくりくる色に変わったり、飽きて使わなくなっている色も違う色と混ぜることで新鮮な色に変わります。

また、アイシャドウやチークを新調したものの、口紅は今まで通りのものだとバランスが悪く感じることも。

新しいアイカラーにどんな口紅が似合うかを試してみるにしても、リップパレットがあれば、自分好みにカラーをミックスできるので調整しやすいのです。

さらには、お気に入りで使いまくった結果、奥に残って使いにくくなってしまった少量の口紅をパレットに移し替えれば、最後まで使い切れるのも嬉しいですよね。

■2:コスメポーチがスッキリ!口紅以外のものを入れる裏ワザ

リップパレットの中に入れておくのは、なにも口紅だけとは決まってません。口紅のほかに、白やシャンパンゴールドなどのリップハイライトを一つ入れておきましょう。上唇の山にハイライトをプラスすれば、ぷっくりとした立体的な唇をつくってくれますよ。

また、ワセリンを入れておくのもオススメ。口紅と混ぜて使えば、グロスのようなツヤのある唇に。

『美レンジャー』の過去記事「神ワザ4連発!“ワセリン”でトレンド濡れメイクに化粧下地…活用テク」でお伝えしたように、ワセリンを一つ忍ばせておけばトレンドの濡れメイクが簡単に完成しますよ。ワセリンとパウダーアイシャドウを混ぜれば、クリームシャドウも簡単に完成します。

ついついコスメポーチがパンパンになる……という人には、パレットは荷物を減らすのに便利なのです!

■リップパレットの上手な詰め替えテクは…

20170308maehama03

口紅がセットされたリップパレットは100円ショップにも売っています。また、空のパレットは『東急ハンズ』などの生活雑貨のお店で売っています。

【つくり方】

(1)口紅を5mmほど切り取り、パレットの上に乗せる

(2)ドライヤーをあてて溶かす

弱めの熱でゆっくり溶かしてください。少し溶けてきたら、竹串などでかき混ぜます。

(3)冷蔵庫で冷やす

パレットにある色をいろいろと混ぜて使えば、無限に色味が広がっていきます。アイシャドウやチーク、そして洋服の色に合わせて自分でカラーをミックスして楽しんでくださいね!

【関連記事】

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ くの字に1ミリ!驚くほど簡単に「目が大きく見える」隠しアイメイク術

怖っ…「リップグロス」で悲惨なたらこ唇に!? 「要注意物質」2つ

さとみ・こじはる級の口元を!「うるうる唇を作る」リップグロス3選

誰でも石原さとみ級!唇薄子さんが「ぽってり唇」になれる簡単テク

【おすすめ記事(PR)】

そろそろ赤ちゃん…「妊活するなら知っておくべき」3つのこと

オバ顔の原因「黒ずんだくすみ肌」から脱出!噂の最新コスメレポート

髪を濡らして即シャンプー…の前に!「ツヤ髪美人がしてる」特別ケアって?

3つのバロメーターって?頭皮もSOS「髪のエイジングサイン」を即チェック

抜け毛・白髪に悩む人が変えるべきアイテムとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る