【新連載】週末は #プレミアムコスメ を見に行こう!Vol.1 ずっと好きでいられるピンクコスメ

6573395f3eb09893dfd239ea8ebb6d69-500x371-ecdd6d4c2c813d52bb5c337a30d0cc144ab65fd7

本日より金曜日の新連載がスタート! コスメマニアの森田玲子さんが、「プレミアムコスメ=自分をワンランクアップさせてくれる上質なコスメ」を紹介してくれます。プチプラで優秀なコスメもたくさんありますが、ちょっと奮発してでも手に入れたい「プレミアムコスメ」たちは、質感やきらめき、うっとりとするようなテクスチャーや驚きの効果で、女性の美しさををワンランクアップさせてくれます。金曜日の夜にチェックして、気になるアイテムがあれば、週末見に行ってみるのはいかがでしょうか? 

今年のトレンドメイクは女の子が大好きな「ピンク」ということもあってか、いつもよりみんながトレンドを取り入れているように感じます。ピンクメイクというと”モテ”とか”男ウケ”のような甘めな印象が浮かびがちですが、今年のピンクは断然パワフルで個性的。
カジュアルにピンクを使いこなすのが今年流です。いつもよりちょっと大胆にピンクを楽しめるプレミアムなピンクコスメをpickupしました。

プリズム・アイズ・カルテット 03 イナタンデュ/ジバンシイ

20170317morita

20170318morita

まず見ていただきたいのはこの美しさ。使いやすいブラウンからアクセントとなるピンク、締め色となるブラック、そして妖艶な雰囲気を醸し出すダークパープル。それぞれが美しく輝き、華やかさ満点のパレット。

20170318morita

異なる大きさのグリッターが混じりあい、重ねるほどに大胆に。このキラキラに心を打たれてしまったら、普通のアイシャドウではもう満足できなくなってしまうかも。

20170318morita

20170317morita

全ての色が主役級の存在感があり、単色でグラデーションを作っただけで印象的な目元を作れます。濃くのせたり薄くのせたり工夫を凝らしながら組み合わせれば、たくさんの演出が可能になります。濃い色同士のパレットだからこそ、メイクの幅をぐんと広げるチャンスをくれるアイシャドウ。

デュアル インテンシティ ブラッシュ 5503/NARS JAPAN

20170317morita

20170317morita

水あり、水なしで2パターンの顔を楽しめるデュアルシリーズ。お肌の粗を飛ばしてくれるツヤツヤのピンクパールと、肌を引き締めるようにしっかり色付くピンクのセット。見ているだけで頬が赤くなりそうな、トキメキを隠せないコンビネーション。

20170317morita

画像:それぞれ左側直塗り、右側水あり

一見キツイ色と思えるチークは、付けると華やかでかわいく見せることもできます。2色を薄く重ねるとピンッと張りのある頬に。薄いカラーは鼻筋や目元のハイライトゾーンに薄くのせると、内側から潤ったようなつや肌を演出。

20170317morita

この美しい艶はチークだけに留めては勿体ないのでアイメイクにもぜひ使ってみて。ラグジュアリーで印象的な目元まで手に入れることができます。

20170317morita

連載第1回目の「週末は、プレミアムコスメをみにいこう!」では、2017年春のビッグトレンドである「ピンクメイク」に注目したコスメをご紹介しました。決して安くはないコスメをトレンドの為に買う…と考えるとちょっと抵抗があるかもしれませんが、この2つは限定品でもなければ、今年発売された訳でもない既存のカラーで、発売からずっと愛され続けているアイテムです。
だからこそ、この先もあなたにとってずっと好きでいられるピンクコスメになるでしょう。本格的な春の匂いがしてきた今週末は、ピンクコスメをカウンターでタッチアップ!

(コスメライター・森田玲子)

【あわせて読みたい】
透明感を引き立てる!「青みピンク」メイクパターン3選
新作プチプラコスメでつくる!ヘルシーオレンジメイク

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
【インタビュー】30代40代からの髪型どうする?ヘアライターに質問!
ふんわり艶髪に!マイナス5歳若見えするドライヤーのかけ方
失敗しない!美容院でのオーダーの秘訣は「自己開示」
セルフ頭皮ケアですっきり顔に!ケア法とおすすめオイル5選
伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ

【参考】
プリズム アイズ カルテット3イナタンデュ – ジバンシイ
デュアルインテンシティーブラッシュ5503 – ナーズ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る