ほしいのは女優デカ目!舞台メイクを応用した「華やかアイメイク術」

IMG_3097-20170323025105-e1490256813809-ff119f7313cc4ffea31604e951777f9d6b7a9e79

近年のトレンドといえば、抜け感のあるメイクや、ノーラインアイメイクなど、ナチュラルなメイクが流行っていますよね。そんなナチュラルメイクは、顔立ちによって似合うor似合わないがもちろんあります。

例えばイベントなどのとき、久しぶりにバッチリメイクをしたとき……「やっぱりこっちの方が華やかになるな~」なんてしっくりきた経験はありませんか?

そこで今回は、舞台女優として活動する筆者が、遠くの客席からもパッと華やかな顔に見える舞台メイクをヒントにした“バッチリアイメイク”をご紹介します。

■1:ベースには膨張色を

デカ目に見せるには、二重幅を暗い色で埋めすぎてしまうと、逆に目が小さく見えてしまいます。まずは、ブラウンなどの濃い色のアイシャドウを使う前に、アイホール全体に膨張色、つまりハイライトを入れてまぶたを広く見せましょう(上画像の星の色)。

■2:下まぶたにも締め色をIN

続いて、締め色を上まぶたに塗っていきます。筆者のおすすめは、暗くなりにくいゴールドや淡いブラウンです。二重と奥二重の方は、二重幅まで。一重の方は、目を開けたときに、目のキワから1mmほど見える幅に塗っていきます(上画像の星の色)。

下まぶた目尻から1/3にもブラウンを入れましょう。これで目がパッチリ大きく見えるんです!

■3:ダブルライン

今回はバッチリアイメイクなので、より目が大きく見えるようにダブルラインを引きます。アイブロウパウダーを上画像左のような細い筆に取り、二重のラインをなぞっていきましょう。二重の線をなぞることで、くっきりした彫りの深い目に仕上がります。

一重の方は『美レンジャー』の過去記事「ブルゾンちえみ風!? 一重さんも二重さんも“ダブルライン”でデカ目術」を参考にして、ラインを引いたらぼかしてくださいね。

■4:アイラインは目頭にも入れ込む

リキッドタイプではどうしてもラインを引いている感じが出てしまうため、ペンシル型のジェルライナーがおすすめ。まずは、ペンシルを立てて、目頭の端から黒目の手前までグリグリと線を引きましょう。

次に、黒目の終わりから目尻に向かってだんだん太くなるようにラインを引きます(上画像参照)。

■5:涙袋で目元に立体感を

上まぶたばかりを濃くしてしまうと、全体で見たときにバランスがよくないため、涙袋にもほんの少し色味を加えます。

目を細めてボコッと膨らむ部分に、ホワイトや淡いイエロー、ピンクのアイシャドウを塗っていきましょう。ハイライト効果で、ぷっくりとした涙袋になれますよ。

■6:マスカラが決め手

抜け感メイクではビューラー&マスカラを使わないことが多いですが、バッチリアイメイクではここを重点的に力を入れます。

まず、ビューラーで根元をつかみ、3回ほど挟んだら、中間➝毛先と三段階で持ち上げます。これは目の中央だけでなく、目頭、目尻も同様に丁寧にまつ毛を上げます。

マスカラのポイントは、上下ともウォータープルーフタイプでしっかりとまつ毛を濃くすること。パンダ目になりやすい方は、下まつ毛だけお湯落ちするフィルムタイプを使いましょう。下まつ毛を濃くするとかなり印象が変わります。

■7:できれば仕上げに…

最後に、上まぶたの目尻にのみ、つけまつ毛をつけます。ポイントは、100円ショップのものより少し高いものを使うこと。筆者も何種類か試しましたが、やはり偽物の毛に見えてしまうと元も子もなくなってしまいます。

グルーをつける前に、目尻からどのくらいはみ出すかなど、デカ目に見える位置を探してみるといいですよ。

以上、舞台メイクを活用したバッチリアイメイクでした。チークやリップは、アイメイクの仕上がりに合わせて濃淡を調節してみてくださいね。

【関連記事】

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ いい女ヘアNo.1!中村アン風「かきあげ前髪」になれる美容師の裏ワザ

※ 7位は綾瀬はるかのギザオン眉「一般人がマネると危険な髪形」1位は

※ 男って罰当たり!2位水原希子「美人でもそそられない芸能人」1位は

※ 旬顔できた!「ブルーウォーターライン」ならカラー初心者も失敗なし

【おすすめ記事(PR)】

そろそろ赤ちゃん…「妊活するなら知っておくべき」3つのこと

オバ顔の原因「黒ずんだくすみ肌」から脱出!噂の最新コスメレポート

髪を濡らして即シャンプー…の前に!「ツヤ髪美人がしてる」特別ケアって?

3つのバロメーターって?頭皮もSOS「髪のエイジングサイン」を即チェック

抜け毛・白髪に悩む人が変えるべきアイテムとは

Related post

Pickup post

  1. Fotolia_108854650_Subscription_Monthly_M-20161228055244-620x413-7f2c3a4261ba2d1df4364c807ac347fd0c549e1e
    冷たい物や熱…
  2. shutterstock_168181001-92d0b3b4e13318461671650cdf37533675eadee0
    2017年春夏は、ӗ…
  3. BA46115869_l-500x333-0fe4bf6d20990305191f106e581c6ad4faa3656a
    早いもので、…
Return Top