ササッとキレイが復活!「綿棒」を使ったメイク直しの神テク3つ

Fotolia_122437764_Subscription_Monthly_M-20170324155145-e1490338339627-27588a4c8e8bc62a438db891693d75cf639659be

外出先で必ず気になってしまうのが、“メイクの崩れ”。これからの季節は特に、皮脂・汗によってメイクが崩れやすいため、便利な“メイク直しアイテム”をバッグに忍ばせておきたいもの。

そこでオススメなのが、いろんなパーツのメイク直しに大活躍する綿棒。

今回は、美容ライターの筆者が、“綿棒”を使ったお直し方法を3つご紹介します。

 ■1:シミ・くすみが目立ってきたときに使用する

シミ・くすみ隠しとしてコンシーラーを使っていた部分が、皮脂や汗によってヨレたり、取れてしまったり……。そんなときには綿棒を使用しましょう。

コンシーラーを気になるシミ・くすみへ“チョン”とのせ、綿棒でファンデーションとなじませましょう。

■2:眉毛が消えているときに使用する

せっかく描いた眉毛が、いつの間にか消えている……。そんなとき、再び眉毛を描き足したいときも綿棒が大活躍!

『美レンジャー』の過去記事「使わなきゃ損!メイク上手さんが心得る“綿棒”の使い方3パターン」にあるように、眉尻をアイブロウペンシルで何度も描き直すと、眉付近のベースメイクがとれてしまう可能性もあります。ピンポイントで修正できる綿棒を使えば、一度で不要な眉メイクをキレイに整えることができます。

また、眉全体の印象を美しく見せるためには、“眉下のアウトライン”が重要です。眉毛を描いた後、綿棒でスーッと眉したをなぞり、ムダな部分をとり除けば、キレイなアウトラインが完成するのです。

■3:マスカラが滲んだときに使用する

“パンダ目”になったときも綿棒を使用しましょう。

使い方は、下まぶたについたマスカラを拭きとるだけ。しかし、パンダ目になってから時間がかなり経過している場合は、綿棒だけでキレイに拭きとれないことも。そんなときは、普段使用している乳液を綿棒に付けると、クレンジングの代わりになり何度もゴシゴシすることなく拭きとることができます。

乳液は小さなケースなどに入れて常備しておきましょう。また、乳液を使用した後は、必ずパウダリーファンデーションやルースパウダーなどを上から付けましょう。乳液をそのままにしておくと、乳液の“油分”で再びパンダ目を引き起こしてしまう可能性があるからです。

外出中でも、綿棒を使えばメイク直しもパパッと完了します。ぜひバッグに入れておいてキレイをキープしてくださいね。

【関連記事】

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ 急な誘いもバッチコイ!3分で準備万端「メイク直し」神アイテム3つ

※ これぞ神ワザ!化粧ポーチがない時の「緊急メイク直し」プロテク3つ

※ ちゃちゃと美顔キープ!忙し女子の「賢い時短メイク直し」3パターン

※ プチプラなのに…超実力派!「時短」メイク直しに最適コスメ3選

【おすすめ記事(PR)】

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

二度見されるツヤ髪に!「噂のシャンプー」を使うとドキドキするワケは…

座談会潜入レポ!子どもの成長期に必要な栄養素を手軽に摂れる『セノビック』とは

朝のボサ髪に泡の一撃!目からウロコの「時短寝ぐせ直し」とは

3つのバロメーターって?頭皮もSOS「髪のエイジングサイン」を即チェック

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る