垢抜けたいなら「イエローグロス」!一気にトレンド顔になれる3本

FullSizeRender-1-20170327091758-e1490760892132-5c2f26245fffd85a6e76a8602b642ae17641f3af

今シーズンは各ブランドからイエローやゴールドの口紅やリップがたくさん登場しています。「えっ、これを唇に塗るの?」とビックリしてしまうような色ですが、実はイエロー系は唇に乗せた瞬間、唇を華やかに見せてくれるスゴアイテムなんです!

そこで今回は、美容コーディネーターの筆者が、実際に試してよかったイエロー系グロスを3本ご紹介します。

■そもそもどうして「イエローグロス」がいいの?

反射率が高いイエローは肌をキレイに見せてくれる万能色です。写真を撮るときに使われる白やシルバーの“レフ板”は光を反射させることで肌のくすみなどを飛ばしてくれますが、反射率の高い色はレフ板のような効果があるのです。

また、イエローはシミ・くすみ・茶グマなどの肌トラブルと類似した色。だから、反射率の高いイエローをプラスするとトラブルが目立ちにくくなるという効果があります。

では続いて筆者オススメのイエロー系グロスを3本、ご紹介します。

■1:パラドゥ『お直しさんのイエローグロス』

全国のセブン-イレブンで展開中の『パラドゥ』が2017年4月19日に忙しい30代向けブランドにリニューアルします。化粧直しに注目したアイテムが多く登場しますが、中でも特に注目なのが『お直しさんのイエローグロス』。唇にイエローを重ねることで唇のくすみが軽減され、自然なツヤと明るい血色感がプラスされます。

伸びがよいサラッとしたテクスチャーで、軽いつけ心地。美容オイルが配合されていて、リップクリーム無しでも荒れや乾燥から唇を守ってくれます。(500円<税抜き>)

■2:ロレアル パリ『ユイルカレス 801イエロー』

昨年大ブームとなったオイル・ティントリップの中でも大人気だった『ユイルカレス』。オイル約90%配合で、オイルのなめらかさがありながら軽やかなつけ心地でベタベタ感は一切なし。カラーバリエーションが豊富なのも魅力的です。

以前“809 ブルー”をつけたとき、自分の唇の色がパッと明るくなって驚いた経験があるのですが、イエローはさらに唇の赤みをアップさせてくれて肌なじみがよく、またその赤味が派手すぎないのも魅力。

これ一つで使っても、口紅の上にオンして使ってもOKで使い勝手抜群です。(1,700円<税抜き>)

■3:イヴ・サンローラン・ボーテ『グロス ヴォリュプテ 1ゴールド』

一塗りするだけで唇にジューシーなツヤと官能的なボリュームを与えてくれる大人のためのグロスです。ゴールドのグリッターが入っていますがギラギラした感じはなく、血色感が増し華やかさもアップ。

こちらグロスなのにベタつき感がなくサラッと塗りやすいのが特徴で、口紅の上に重ねてもほどよいニュアンスが出ます。ヴォリュプテシリーズ共通マンゴーの香りも乙女心をくすぐります。(3,800円<税抜き>)

見た目はちょっと派手で一瞬驚きますが、唇に乗せるとあら不思議! たちまち華やかさがアップするイエロー系グロス。透明のグロスを塗るよりも血色感が出るので、単品で塗ればイマドキの“ヌケ感メイク”に。手持ちの口紅に重ねれば、いつもと違った発色が楽しめます。

1本持っていると簡単にトレンドフェイスになれますので、ぜひゲットしてくださいね。(※ 価格は全て編集部調べ)

【関連記事】

※ 天ぷら食べた?って言わせない「グロスの付けすぎ」を防ぐコツ3つ

※ 唇であどけなさ演出!彼ウケも抜群「グラデーションリップ」の作り方

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ さとみ・こじはる級の口元を!「うるうる唇を作る」リップグロス3選

※ 誰でも石原さとみ級!唇薄子さんが「ぽってり唇」になれる簡単テク

【おすすめ記事(PR)】

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

二度見されるツヤ髪に!「噂のシャンプー」を使うとドキドキするワケは…

座談会潜入レポ!子どもの成長期に必要な栄養素を手軽に摂れる『セノビック』とは

朝のボサ髪に泡の一撃!目からウロコの「時短寝ぐせ直し」とは

3つのバロメーターって?頭皮もSOS「髪のエイジングサイン」を即チェック

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る