皮脂・汗の季節こそ「パウダーファンデ」!メイクを崩さないコツ3つ

Fotolia_119110036_Subscription_Monthly_M-20170404173348-e1491294857916-17aa8826f55b2c295d2c80dc636ca108875bec2d

春になると、洋服だけでなくファンデーションも衣替えするのが美肌への近道です。皮脂・汗などによる“メイク崩れ”に強い春・夏タイプが各メーカーから出ていますよね。

そんな春・夏タイプの中でも、保湿力は高いけど油分が多いリキッドファンデーションより、軽いつけ心地のパウダーを好んで使用するという方も多いでしょう。

そこで今回は、美容ライターの筆者が春先に“パウダーファンデーション”を上手に使うポイントを3つご紹介します。

■1:化粧下地は全体に薄く塗る

皮脂・汗が気になる春の肌には「テクスチャーが重めなアイテムはつけたくない」という方も多いでしょう。しかし、ファンデーションをキレイにつけるためには、肌との密着度を高める“化粧下地”は欠かせません。

また、気になる肌のくすみ・シミをカバーしっかりカバーするためにも、下地は塗りましょう。下地には日焼け止め効果のあるものも多いので重要です。

ポイントは“全体的に薄く塗ること”。そうすることで、ムラなくキレイにパウダーファンデーションを塗ることができ、化粧崩れも起きづらいでしょう。

■2:目元や口元…よく動かすパーツにはつけすぎない

目や口には、パウダーファンデーションをつけすぎないように注意しましょう。よく動かすパーツなので、ヨレやすく最も化粧崩れを引き起こしやすい部分なのです。

とはいっても、目はクマ・目尻のシワ。そして口は口角のくすみといった、肌悩みがあるはず。だから、ついついパウダーファンデーションでカバーしたくなりますよね。

そういうときは、ファンデーションではなくカバー力が高いコンシーラーを使いましょう。化粧下地を塗った後、コンシーラーを塗り、その部分にはファンデーションを重ねないこと。重ねるのはフェイスパウダーにしてください。

また、ヨレを防ぐためにコンシーラーも薄~く塗りましょう。

■3:ファンデーションブラシを使用する

パフではなくファンデーションブラシを使用した方が、顔全体に均一に塗りやすく色ムラを防ぐことができます。また、パフより薄く塗れるので、メイクが崩れにくくなります。

ブラシにパウダーファンデーションを取り、手の甲でクルクルと回しつけすぎたパウダーを払い落としてから顔に塗りましょう。

頰→おでこ→鼻筋→口周り→目周りの順番でつけていきます。口角や目の周りなどの細かい部分は、ブラシではなくパフの角を使用し、軽くポンポンッとつけていきましょう。

肌を美しく見せるために知っておくべきパウダーファンデーションの塗り方を3つご紹介しました。今回ご紹介したテクニックを使って、汗ばむ季節も“崩れ知らずな美肌”を目指してくださいね。

【関連記事】

※ 生理前は日焼けしやすい!? 「紫外線とUVケア」今さら聞けない基本のキ

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ 美肌の秘密はコレ!手放せなくなる「プロ御用達の化粧下地」3選

※ オッ崩れない!夏のドロドロ肌を救う「皮脂と汗に強い」化粧下地3選

※ 【キレイをSPY!】二兎を追った結果…「肌ケアするBBクリーム」で大人肌は満足できる?

【おすすめ記事(PR)】

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

二度見されるツヤ髪に!「噂のシャンプー」を使うとドキドキするワケは…

座談会潜入レポ!子どもの成長期に必要な栄養素を手軽に摂れる『セノビック』とは

朝のボサ髪に泡の一撃!目からウロコの「時短寝ぐせ直し」とは

3つのバロメーターって?頭皮もSOS「髪のエイジングサイン」を即チェック

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る