紗栄子が負けた!? 男が「可愛いけど…あざとそう」と思う芸能人1位は

79803416-20170406124836-e1491450560240-3faf65a423141174ba4910936c405e229c54855a

すっかり定番用語となった、“あざと可愛い”。ですが、アヒル口にぶりっ子のあざと女子を見て、同じ女性なら「なんか嫌悪感を感じる!」という方も多いのでは?

となれば、自ずと世の男性陣の意見が気になるもの。

そこで今回は、『美レンジャー』が20~40代の男性500名を対象に「見た目は可愛いけど、あざとそうだと思う女性芸能人は?」というアンケート調査を実施。

気になる調査結果を参考に、実はバレバレ!な、あざとクイーンを探っていきましょう。

■イメージですが!「可愛いけど…あざとそうな女性」No.1は

男性500名に「見た目は可愛いけど、あざとそうだと思う女性芸能人は?」と聞いたところ、3位までは以下のような結果に。

10位・・・小島瑠璃子(5.6%)

9位・・・小嶋陽菜(6.6%)

同率9位・・・深田恭子(6.6%)

8位・・・藤原紀香(8.0%)

7位・・・長澤まさみ(8.4%)

6位・・・田中みな実(9.0%)

5位・・・芹那(9.8%)

4位・・・石原さとみ(11.6%)

3位・・・ダレノガレ明美(12.2%)

6位の田中みな実、5位の芹那などは、「み~んなのみな実!って……いくら鈍感な男でも、さすがにコレは分かる」、「芹那は計算しているんだろうけど、計算式を間違えちゃってる感がヒシヒシと伝わってくる!」という声がネットなどにも多く見受けられました。

4位の石原さとみ、2位のダレノガレ明美は、「某CMの“ちょっと、間接キッスしてみ”というセリフ、素でプライベートでも言ってそう」、「SNSの写真が狙っている感が出てる。とりあえず、脱ぎ過ぎなイメージ」と、手厳しい声もチラホラ。

■2位:あざと女子の代名詞!? …紗栄子(14.8%)

2位にランクインしたのは、やっぱりね感もあるタレントの紗栄子。

「平成のわらしべ長者。ダルビッシュにZOZOTOWNの社長……、金のニオイが漂うところに紗栄子あり」、「お金のない男は相手にしなそう」、そんなコメントが続出しました。

つい先日は、自身のSNSにて「母親として愛情が薄いのではないかと悩んだ時期もありました」と、愛息への思いをアップ。

すると、ネット上では「直接子供に言えばいいのに、わざわざSNSに投稿するところがあざとい……」と、これまたブーイングの嵐! 元祖“あざと女子”の貫禄を見せつける結果となりました。

■1位:どこが清純派!? 女アピールがスゴすぎ…おのののか(25.0%)

見事1位に輝いたのは、“美人すぎるビール売り子”として話題を呼んだタレント・おのののか。

「本人は清純派で押し通したいんだろうけど、そうじゃない感がバレバレ!」、「絵に描いたような、あざと女子。芹那がまだ可愛く見えてくくるから不思議……」、「手つなぎデート写真が撮られたのに、友達って。友達との距離感短すぎませんか?」と、こちらも辛辣な声が挙げられました。

おのののかのあざとさを浮き彫りにしたのが、過去に放送された『逃走中~めちゃ×2本気で逃げてるッ!~』(フジテレビ系)。

ハンターから逃げ切れば賞金をゲットできるというルールですが、おのののかはハンターの動きを一時止める“鋼鉄砲”を手に入れたよゐこの濱口優に「私、濱口さんについて行く」としがみつき、その後、ナインティナインの岡村隆史が鋼鉄砲を手に入れれば「岡村さんの後ろにいていいですか?」と、やはりしがみついて……。結局、岡村隆史だけが捕まり、男性を盾に逃げ切ったおのののかが賞金156万円をゲット。

これには「いくら何でも媚びすぎ」、「見ていてイライラが止まらない!」と、ネットが大炎上しました。潔いばかりのあざとさは、ある意味、必見かもしれません!

■芸能人を反面教師に!あざとさを隠す…秘儀モテテク

ぶりっ子なあざと女子がモテるとはいえ、男性から「ハイハイ計算~」と見透かされては意味がありませんよね。そこで今回は、筆者の周りのモテ子・R子に、“あざとさを隠す秘儀モテテク”を伝授してもらいました。

「田中みな実やさとう珠緒は、前面に身振り手振りを押し出してくるので、いかにも……というイメージを男性に与えちゃう。そこで、オススメなのが効果音を口に出すこと。ムカつくときなら『プン!』、悲しいときなら『エ~ン……』。くどくなりすぎずに、十分可愛さをアピールできる」とのこと。

確かに、ぶりっ子ポーズは、アラサー以降は恥ずかしい+厳しさを感じてしまいますが、効果音だけだったら実践できそうな気がしますよね。

実は、あざとさを感じさせずにモテを追及するR子が、一番のあざと女子なのかもしれません……! ぜひ試してみてくださいね。

【画像】

※ getty images

【関連記事】

※ 出会いがないなら作ればいい!「行列のできるモテ子」の最強ハント技

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

不意打ちの香りに…カレ悶絶!ドキドキを誘う「大人のモテ香水」3選

お泊り翌朝…彼が惚れ直す!モテ子が実践「ぬかりない仕込み」3テク

有村架純のタヌキ顔が負けた!「モテる動物顔」1位はカトパン的な…

【おすすめ記事(PR)】

春顔がキマらないのは…マンネリ肌のせい!? 印象激変「格上げ美肌」のつくり方

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

朝のボサ髪に泡の一撃!目からウロコの「時短寝ぐせ直し」とは

2CUPは当たり前!元AKBも大絶賛の豊満バストを叶えるナイトブラ【満足度98.6%】

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

毛穴汚れをごっそり回収!肌にも優しい話題の「ピーリング美顔器」って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る