ヒェ…なんかスカスカ!? 「フサフサまつ毛」を遠ざけるNG行動3つ

Fotolia_112422318_Subscription_Monthly_M-20170414170345-e1492157056849-703c86f65a4c46c2f554e9f29e8e3c46abf9fafd

マスカラを塗っている際、「なんだか目元がパッとしない……」と思うときがありませんか? それはズバリ! まつ毛が減っているのが原因かもしれません。

今回は美容ライターの筆者が、“フサフサまつ毛”を遠ざけてしまうNG行動を3つご紹介します。

1:ビューラーが欠かせない

ビューラーでまつ毛を挟む作業は、まつ毛を傷めてしまう原因に。クルンとまつ毛をカールさせて、目力アップを叶えてくれるビューラーですが、ときにはお休みすることも必要です。

例えば、ビューラーなしでもまつ毛を持ち上げてくれるマスカラが売っているので、それを使うのも手。

また、マスカラを塗る際、ブラシをまつ毛の根元や真ん中あたりにグッと押し当てて3秒ほどキープするだけでも、クルンと立ち上がりますよ。

また、マスカラは使用せず、アイライナーだけを引いたり、アイメイクはアイシャドウのみを使用して、抜け感をだすと旬顔が完成します。

2:マスカラを落とすとき「ゴシゴシ」と擦っている

マスカラをしっかり落としたいあまり、ついついゴシゴシと強く擦っている方も多いのではないでしょうか? これではまつ毛の負担になってしまいます。

マスカラには、汗・水に強いウォータープルーフタイプと、お湯でスルッと落ちるフィルムタイプがあります。ウォータープルーフタイプのマスカラは落ちにくいので、今回はダメージを最小限に抑えた落とし方を紹介します。

(1)ポイントリムーバーをコットンにつけてまぶたに20秒のせる

ウォータープルーフタイプには、マスカラ専用のポイントリムーバーを使用しましょう。コットンにつけたら、まぶたの上に20秒間置きます。こうすることで、ポイントリムーバーをまつ毛にしっかり馴染ませることができます。

(2)20秒たったらスッとコットンを滑らせるように放す

人差し指・中指・薬指全体で少し圧をかけ、コットンをまつ毛の上を滑らせるようにスッと放します。

この方法でもまつ毛にマスカラが残っていたら、綿棒にポイントリムーバーを付けて、まつ毛を撫でるようにして優しく落としていきます。

3:まつエク・まつ毛パーマを繰り返しやっている

目をパッチリと見せてくれる、エクステやパーマ。しかし、これらに使用する接着剤やパーマ液もまつ毛のダメージとなります。

まつエクやまつ毛パーマをお休みする時期を決めたり、やっている期間はまつ毛専用美容液を塗りましょう。

フサフサまつ毛を遠ざけている、NG行動を3つご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る