今日は華やかorモード?1色で3变化「ラベンダー」アイメイク術3つ

IMG_7144-20170403114937-e1492072796743-8439c19f0c445aa5c6841977ee8442205df18fa7

春になると、明るい色を使ったメイクがしたくなりますよね。特に、春の定番カラーといっても過言ではない“パステルラベンダー”を使用する方も多いはず。ほんのりとした色気を演出してくれるカラーなので、ぜひ活用したいところ。

そこで今回は、美容ライターの筆者が、“パステルラベンダー”のアイシャドウを使ったメイクテクニックを3つご紹介します。

1:上まぶた&下まぶたに入れてパッと華やかな目元へ

【華やか目元・プロセス】

(1)ふんわりとした印象に仕上げたいので、アイシャドウブラシを使用して上まぶたに全体に入れる

(2)細かい部分にも塗りやすいアイシャドウチップを使用して、下まぶたにも入れる

少し目元の存在感をプラスしたいという方は、ブラックのリキッドアイライナーを引くとさらに華やかな目元に仕上がりますよ。

2:パステルグリーンを「締め色」に使用してモードな目元へ

続いては、コンサバになりがちなパステルラベンダーを、こなれた印象に仕上げるアイメイクテクを紹介します。

【モードな目元・プロセス】

(1)パステルラベンダーのアイシャドウを、アイホール全体に薄くのせる(薬指の腹を使ってのせていくと色の濃さを調節しやすいですよ)

(2)下まぶたの目尻側1/3に、締め色になるパステルグリーンのアイシャドウを入れる(しっかり色味をのせることができるアイシャドウチップを使用しましょう)

ラベンダーカラーの反対色であるグリーンを入れることで、モードな目元が完成します。

3:ブラウンアイシャドウと組み合わせて大人可愛い目元へ

大人っぽさが出せるものの、強すぎる印象になりがちなダークブラウンもパステルラベンダーと組み合わせることで、優しい雰囲気がプラスされます。

【大人可愛い目元・プロセス】

(1)アイホール全体にブラウンアイシャドウをのせる(チップではなく、色を薄くのせることができるアイシャドウブラシを使用しましょう)

(2)パステルラベンダーのアイシャドウを下まぶたにのせる(細かい部分を塗るのに最適なチップを使用してください)

ブラウンアイシャドウのみだと、少しキツい印象になってしまいます。そこで柔らかいラベンダーカラーで可愛らしさをプラスしましょう。

パステルラベンダーのアイシャドウを使ったメイクテクニックを3つご紹介しました。「春らしいメイクがしたい!」と思ったときに、ぜひ試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る