キラキラの瞳に!「チークをハート型」に入れるだけで愛され顔完成

FullSizeRender-20170405134706-e1491457647366-9cdac177e2bcdd77b60c3c1954c18a4f5d7e9b97

いつものメイクに“チーク”を使っているけど、入れ方がワンパターンになっていませんか? チークは入れ方によって元気な印象になったり、色っぽくなったりとイメージを変えることができるアイテムです。せっかくなら、さまざまなチークテクニックを覚えましょう。

そこで今回は、美容ライターの筆者が瞳の“キラキラ感”を叶えてくれる“ハート型チーク”をご紹介します。

■「ハート型チーク」の効果とは?

“ハート型にチークを入れる=黒目の下あたりにはチークを入れない”というのが、このメイクのテクニック。

瞳の下に赤味を入れないことで、瞳の下に光が集まりレフ板のような効果になるのです。

集まった光が黒目に映ることで、キラキラとした瞳に仕上げてくれます。

■「ハート型チーク」の入れ方

使用するチークは基本的にはどのタイプでもOK。今回は、“クリームチーク”を使用してご紹介します。

(1)上写真1のように、黒目の下を塗らないようにしてハート型にチークを入れる

位置は、目の下から人差し指一本分くらい空けたところがいいでしょう。写真のように、横長なハート形にのせると、健康的で元気な印象の顔立ちに仕上がります。逆に、縦長なハート形をのせると、ピュアで可愛らしい印象のある顔立ちに仕上がります。

(2)人差し指の腹でポンポンッと頰に馴染ませる(ハートの形が崩れないように馴染ませていきましょう)

他人からはよーく見てみないと、“ハート型”になっていることが分からないと思いますが、それくらいでOKです。

リキッドチークやパウダーチークでもつくれますが、リキッドタイプの場合はチークの量が調節しづらいので、まずは頰に1点チークをのせてから、ハート型になるようにパフで馴染ませていきましょう。

瞳がキラッと輝いていると、それだけで魅力的に見えるもの。ハート型に入れるチーク、ぜひ試してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る