男も逃げる!? 2位囲み目…女性300名が選ぶ「幸せ遠ざけメイク」1位は

Fotolia_140617965_Subscription_Monthly_M-20170330180126-e1490864503565-620x452-1da24faf8444bdfe2196316a309e9f6fed46e190

メイクによってぱっと顔が華やぎ、輝くようなオーラを感じさせる人がいます。しかしその一方で、「それじゃ幸せが逃げちゃうよ……」と思ってしまうようなメイクをしている人もいるもの。

このたびコーセーが20~30代の女性300名に“幸せ引きよせメイクに関する調査”を実施(“幸せ引きよせメイク”とは、外見からにじみでるような幸せ度を上げることで実際の幸せをも引きよせるメイクを指します)。

この調査によると、「幸せを遠ざけているメイクをした女性を見かけたことがありますか?」という問いに78%もの女性が「ある」と回答。では、具体的にどんなメイクが幸せを遠ざけてしまうと思うのでしょうか?

「自分で行いたくない幸せ遠ざけメイクは?」への回答結果を5位から順に紹介します。

幸せが遠ざかるメイク5位:するどく斜めにいれた「鋭角チーク」

「小顔に見せたい」という気持ち強くなり、チークの角度が鋭くなりすぎると、頬がコケすぎて見えてしまい、女性らしい丸みが感じられなくなります。映画に登場する魔女や悪魔は、たいてい頬にダークカラーのチークが三角形に入っていますよね……。そんな“意地悪顔”を彷彿とさせるのかも!?

ふんわり丸みのある顔の方が女性らしさが出て、男性ウケもいいですよね。

幸せが遠ざかるメイク4位:アイブロウで急角度に描いた「つり上がり眉」

眉山がとても高い位置にあり、つり上った眉は、威圧感があって怒っているように見えてしまうためソン。眉山はなだらかに描く方が、女性のやさしい雰囲気が出てくるものです。

幸せが遠ざかるメイク3位:グロス過剰な「ギラギラ唇」

コーヒーカップにべったりとグロスがついちゃいそうな、グロスでギラギラ光っている唇はアウト。

適度にふっくらとツヤのあるリップになるなら『美レンジャー』の過去記事「石原さとみの最強リップに誰でもなれる!“技あり唇メイク”3ステップ」を参考にしてみて。

幸せが遠ざかるメイク2位:アイライナーで縁どった「囲み目メイク」

囲み目メイクはモードで大人っぽい印象になるものの、やはり「暗い」、「怖そう」といったネガティブな印象がつきもの。

また、バッチリアイメイクは気合が入りすぎた印象を与えるため、男性に引かれてしまう可能性も……。

幸せが遠ざかるメイク1位:素肌感がなく厚ぼったいベースメイクの「のっぺり肌」

ファンデーションをべったり厚く塗った、素肌感のない肌が“幸せ遠ざけメイク”1位でした。透明感のない厚塗りベースメイクは、不幸に見えるだけでなく老けた印象も与えてしまいます。

薄付きでもカバー力の高いファンデーションを使ったり、シミやくすみはまずはコンシーラーやコントロールカラーを駆使して目立たなくするといった方法でナチュラルメイクを目指しましょう。

今回の結果からもわかるように、幸せオーラがあふれるメイクは、まずはベースが大切。肌が美しいとそれだけで顔全体が明るく感じられるものです。またポイントメイクは、やりすぎは禁物ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る