ファンデがドス黒肌を招く!?「くすみカバー効果」がスゴイ下地3選

FullSizeRender-20170328140526-e1490856009901-aac50da29c898232d3a532038d1a27b9b24791d7

鏡を見て「肌がくすんでいるな」と感じているのに、ファンデーションだけでカバーしようとしていませんか? しかし、それは逆効果になってしまうことも。

そこで今回は、肌色を化粧下地でコントロールするメリットと、美容コーディネーターの筆者が実際に試してよかったくすみカバーにオススメの化粧下地を3つご紹介したいと思います。

■なぜ「化粧下地でカラーコントロール」した方がいいのか?

肌のくすみが気になる人は、ファンデーションを厚塗りするのは逆効果。ファンデーションの肌色をつくり出すために黒い色素が使われており、その黒い色素が時間と共に浮き上がってきます。そのため、朝メイクしたときはキレイでも、夕方になるとどうしてもくすんでしまうのです。

そういう理由から、肌に塗るファンデーションの量を少なくするためにも、下地で肌の状態を整えておいた方がいいのです。

くすみが気になるときはピンク系の下地を投入するのがオススメ。血色感をプラスしてくれて、ハリ感のない肌もカバーできます。

では、筆者が実際に試してよかった、くすみ対策の化粧下地をご紹介します。

■1:パーフェクトワン『SPロングキープベース』

オールインワンジェルで有名な『パーフェクトワン』から発売されている化粧下地。淡いピンクカラーで肌のトーンとキメを整えてくれます。のびがいいサラッとしたテクスチャーで、塗った後のベタつき感もありません。また、新技術“メッシュコラーゲン”の効果でその後につけるファンデーションの密着感を高めてくれます。

汗や乾燥、表情の動きに強くメイク崩れしにくいのも嬉しいポイント。(22g/3,000円<税抜き>)

■2:エクスボーテ『トゥルーカラー UV』

“女優肌”のキャッチコピーでベースメイクに定評のある『エクスボーテ』の下地が『トゥルーカラー UV』。3色展開で、こちらの“クリア”は肌のくすみを抑えてくれて明るさをプラスしてくれます。

肌の赤みや色ムラなども上手にカバーできるほか、保湿成分“リピジュア(R)”(※1)などの美容成分が配合されていて肌表面をうるおわせてなめらかに整えてくれます。(23g/4,500円<税抜き>)

(※1)「リピジュア(R)」は、日油株式会社の登録商標です。

■3:パラドゥ『トーンアップベースUV』

プチプラコスメの『パラドゥ』でもピンク系化粧下地が発売されています。ほんのり桜色でくすみや色ムラをぼかしてくれて美肌度アップ。配合されているバランシングパウダーの効果でTゾーンの皮脂崩れを防ぎます。

また美容液成分が70%配合されていることにより、つけている間のスキンケア効果も期待できます。

SPF50+・PA++++と高いUVカット効果もあり、紫外線が気になるこれからの季節には嬉しいですね。お顔だけなくボディにも使えます。(30ml/700円<税抜き>)

ファンデの前に化粧下地を使うことで、化粧ノリがよくなるだけでなくファンデーションの量を減らすことができ一石二鳥です。美肌のためにぜひ取り入れてくださいね。(※ 価格は編集部調べです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る